研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[正弦波変調された2450 MHzマイクロ波電磁界にばく露した膜結合酵素の活性] med./bio.

Activity of membrane-bound enzymes exposed to sinusoidally modulated 2450-MHz microwave radiation.

掲載誌: Radio Sci 1979; 14: 85-91

この研究は、分光光度測定装置内において膜結合酵素系に正弦波変調マイクロ波照射し、照射中に酵素の活性を測定した。実験対象としたのはラット酵素、チトクロームオキシダーゼとアデノシントリホスファターゼATPase)である。前者は、ミトコンドリア内膜の電子伝達系に関与する酵素である。後者は、細胞のナトリウム - カリウムバランスの維持に関与する酵素で、いずれもラット赤血球膜から抽出された。16、30、90、120 Hzで正弦波変調された2450 MHzを照射した。SARは26 mW/ g、温度は25 ± 1.0 °Cに管理した。照射は、酵素反応の誘発直後に開始し、反応速度をモニタしながら数分間継続した。シトクロムオキシダーゼ活性は、その基質であるシトクロムCの550 nmにおける吸光度の変化をモニターすることによって直接測定した。ATPaseの活性は、340 nmにおけるNADPHの化学量論的酸化を指標にATPのADPへの変換速度を追跡することよって測定された。その結果、いずれの酵素系についても、変調周波数のいずれにおいても、マイクロ波照射試料と対照試料との間で酵素活性に有意差は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The activity of two membrane-bound enzyme systems were studied during exposure to test the hypothesis if electromagnetic irradiation can alter the function of such systems.

詳細情報

Mitochondrial cytochrome oxidase was isolated from rat liver tissue, and sodium potassium ATPase (Na+-K+-ATPase) from rat erythrocytes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: AM
ばく露時間: not given in the article

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 not given in the article
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 16–120 Hz
Modulation depth 100 %
Additional information

16, 30, 90, and 120 Hz

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Cary 15 spectrophotometer with slotted waveguide applicator
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 26 mW/g - 計算値 - -

Reference articles

  • Allis JW et al. (1977): [生物系に吸収されるマイクロ波放射の測定(1)。加熱および冷却データの分析]
  • Allis JW (1975): [審議文書:交差ビームばく露検出装置によるウシ血清アルブミンの照射]
  • Allis JW et al. (1975): [生化学標本の分光測定観察およびマイクロ波ばく露を同時に行うための交差ビーム装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

No statistically significant differences in enzymatic activity were found between irradiated and control samples. This result applies to both of the tested enzymes and for any of the modulation frequencies used.

研究の種別:

研究助成

関連論文