研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[単離したニワトリ胚心臓に対するマイクロ波の影響] med./bio.

Microwave effects on isolated chick embryo hearts.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1986; 7 (4): 359-367

この研究は、心臓組織と非電離放射腺の相互作用メカニズムを解明する手段として、心臓電気活動に対するマイクロ波の影響を調べた。9〜12日齢のニワトリ胚から単離した心臓を小さなペトリ皿に入れ、その心臓の生存を維持するために、37℃の、酸素を含む等張性リンガー溶液に浸した。このような試料に、電力密度3mW / cm 2の2.45GHz電磁波を放射した。洞房結節挿入されたガラス製マイクロピペットで心臓信号を検出し、Berg-Fourier解析した。その結果、パルスマイクロ波は、心拍変調周波数に固定する現象を引き起こした;連続波マイクロ波は、わずかな徐脈を引き起こしたかも知れない;パルスマイクロ波は、不整脈細動、または心臓の停止において、心拍刺激または規則化を誘導した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of microwaves (pulsed and continuous wave) on the electric activity of hearts as a means of elucidating interactive mechanisms of non-ionizing radiation with cardiac tissue.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: at least 3 h
ばく露2: 2.45 GHz
Modulation type: AM
ばく露時間: at least 3 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 at least 3 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • tapered open coaxial section
ばく露装置の詳細 Open coaxial section (inner conductor diameter 7.3 mm, outer conductor diameter 16.1 mm) irradiates the bottom of the petri dish by a rectangular slot cut in the copper plate.
Additional information The whole set-up including MMW generator, modulator, measurement devices, etc. was placed in a Faraday cage.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3 mW/cm² peak 推定値 - -
SAR 0.95 W/kg unspecified 計算値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 at least 3 h
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 500 mHz–14 Hz
Additional information

Square wave with duty cycles from 0.1 to 0.5.

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3 mW/cm² peak 推定値 - -
SAR 0.95 W/kg unspecified 計算値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave exposure of isolated chick embryo hearts affects cardiac activity. Continuous wave electromagnetic fields produce a slight bradycardia whereas pulse modulated electromagnetic fields increase heart rate amplitude and can regulize heart rate in cases where either strong arrhythmia or extremely weak activity are evident. The most striking effect of pulse modulated irradiation was a one-to-one locking of cardiac rhythm to modulation frequency (when the modulation frequency was within normal physiological limits).

研究の種別:

研究助成

関連論文