研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ウサギの腎臓に対する電磁界の影響:形態学的および免疫学的研究] med./bio.

Effects of radiofrequency radiation on rabbit kidney: a morphological and immunological study.

掲載誌: Exp Mol Pathol 1988; 49 (1): 22-37

この研究は、ニュージーランド白ウサギに27.12MHz電磁界の繰り返しばく露を行い、その影響として急性および慢性腎臓反応について組織病理学的検査を行った。ばく露には高周波治療器(最大電界強度1,100 V/m、最大磁界強度3 A/mを発生する)を用い、1日1回(10-20分間)、5日/週、3週間の処置を行った。その結果、処置期間の終了時点で、限局性尿細管壊死および単状分節性糸球体硬化症が生じ、それらは数ヶ月内に膜性腎症に進展した;後者の所見の特徴は、大部分の糸球体にウサギγ-グロブリンおよび補体が広範に細かい粒子状に局在すること、および糸球体毛細血管壁の上皮下領域に電子顕微鏡で暗く見える沈着物が見られることである;この所見は、これらの糸球体変化が抗原抗体複合体の局在化によって引き起こされたことを示している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate possibel acute and chronic effects of 27.12 MHz radio frequency exposure in vivo on rabbit kidney by morphological and immunohistological techniques.

詳細情報

Fourteen rabbits were exposed while four unexposed animals served as control. Each half of the animals were examined direct after or five month after exposure, respectively.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 27.12 MHz
ばく露時間: 3 weeks; 5 consecutive days per week; 10 min the first day; 15 min the second day; 20 min the third, fourth and fitfth day

ばく露1

主たる特性
周波数 27.12 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 3 weeks; 5 consecutive days per week; 10 min the first day; 15 min the second day; 20 min the third, fourth and fitfth day
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • diathermy apparatus
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 1,100 V/m maximum 測定値 - empty cage: 800 - 1100 V/m
磁界強度 3 A/m maximum 測定値 - empty cage: 1.5 - 3 A/m

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • kidney
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Immediately after exposure, focal tubular necrosis and focal and segmental glomerular sclerosis were observed at the rabbit kidneys and evolved into a membranous nephropathy in a few month. The mechanism by which the applied exposure conditions induced these changes is not clear.

研究の種別:

研究助成

関連論文