研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波-生体相互作用に関する候補メカニズムとしてのポリADPリボシル化] med./bio.

Poly ADP ribosylation as a possible mechanism of microwave--biointeraction.

掲載誌: Indian J Physiol Pharmacol 1994; 38 (3): 181-184

この研究は、マイクロ波(2.45 GHz)が、クロマチンタンパク質翻訳後修飾であるポリADPリボシル化に影響するか否かを、ラットを用いたインビボ実験で調べた。ポリADPリボシル化は、NAD+を基質として酵素ポリADPRポリメラーゼによって触媒されるもので、クロマチン構造および機能に関与する。23日齢のラット(体重42-48 g)に、60日間、1.0 mW/ cm2のマイクロ波ばく露を与えた後、屠殺して、種々の臓器のADPRポリメラーゼ活性を測定した。その結果、対照と比較して、肝臓ではその活性が20%増加、精巣では35%増加した;脳では、間脳で53%の減少、皮質で20%の減少した;脾臓腎臓では酵素活性に変化はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To observe a possible effect of microwave irradiation on the poly ADPR polymerase activity.

詳細情報

Poly ADP-ribosylation was studied, which is a post translational modification of chromatin protein catalysed by the enzyme poly ADPR polymerase using NAD+ as the substrate. Poly ADP-ribosylation has been shown to be involved in several aspects of chromatin function and structure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous, 6 days

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous, 6 days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 10 W/m² unspecified - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • diencephalon; cortex; liver; spleen; kidney; testis
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The enzyme activity was increased in liver and testis and was decreased in diencephalon and brain cortex. No altered enzyme activity was found in kidney and spleen.
The results of the NAD+ level estimation was diametrically opposed to the enzyme activity: A drop of NAD+ levels was found in liver and testis whereas cortex and diencephalon showed an increase. The determination of protein by SDS-PAGE showed no changes at all to the controls.

研究の種別:

研究助成