研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットにおける2-メトキシエタノールの代謝・胚での分布・高分子付加体形成:無線周波電磁界が誘導するハイパサーミアの影響] med./bio.

2-Methoxyethanol metabolism, embryonic distribution, and macromolecular adduct formation in the rat: the effect of radiofrequency radiation-induced hyperthermia.

掲載誌: Toxicol Lett 2001; 122 (1): 53-67

この研究は、10MHz RF放射へのばく露または擬似ばく露した妊娠中のSDラットの母体組織および胎仔組織において、14Cラベルした2-メトキシエタノール(2ME)の代謝およびメトキシ酢酸(MAA)の分布を評価した。また2ME/RFで観察される催奇性のバイオマーカの候補として、血漿および胎仔のタンパク質との付加体形成を測定した。ラットは、妊娠13日目に胃管栄養法で14Cラベル2MEを投与後直ちにRF放射(体温を42℃に上昇させるに十分なレベル)に30分間ばく露した。ばく露群および擬似ばく露群は、ばく露擬似ばく露)後、3、6、24、48時間で屠殺し、母ラット血液、尿、胎仔および胎仔外液を採取し、検査した。その結果、2MEと代謝物(MAAを主とする種)は検査した組織で検出され、6時間標本でピーク値を示した;MAAは、48時間標本の母ラット血清・尿、胎仔、胎仔外液で検出された;全身の14Cのクリアランスは、RFばく露群の24-48時間の標本で有意に減少した;一方、血清、胎仔および胎仔外液のMAA値はばく露群、擬似ばく露群で同じであった;尿あるいは組織での2ME代謝物プロファイルには、ばく露群、擬似ばく露群で差異はなかった、などを報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate whether the combined exposure of pregnant rats to the the known teratogenic chemical compound 2-Methoxyethanol followed by 10 MHz radiofrequency irradiation would affect the metabolism in maternal animals and embryos.

詳細情報

Furthermore the tissue distribution of methoxyacetic acid, a major metabolite in the postulated 2-Methoxyethanol pathway, was investigated. Finally the adduct formation for plasma and embryonic protein was tested. Metabolite tracing was achieved by using radioactive labeled 14C-2-methoxyethanol.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 10 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 50 min
  • SAR: 6.6 mW/g maximum
  • SAR: 0.8 W/kg minimum

ばく露1

主たる特性
周波数 10 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 continuous for 50 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • near field synthesizer enclosed within copper screen wire chamber
ばく露装置の詳細 animal positioned in cylindrical Plexiglas holders parallel to the electric field
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 6.6 mW/g maximum 推定値 - -
SAR 0.8 W/kg minimum 推定値 - -

Reference articles

  • Nelson BK et al. (1997): [ラットにおける無線周波放射によるハイパサーミアと2-メトキシエタノールの催奇形性の相互作用]
  • Nelson BK et al. (1994): [ラットにおける無線周波放射および2-メトキシエタノールによる相互作用的な発生毒性]
  • Nelson BK et al. (1991): [ラットでの工業用溶剤2-メトキシエタノールと無線周波放射の組合せ投与による催奇形性の顕著な上昇]
  • Lary JM et al. (1982): [27.12 MHz無線周波放射によるラットでの催奇形性作用]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

According to the results found the existing synergistic effect of combined radiofrequency exposure and 2-methoxyethanol treatment on teratogenicity could not be explained by the radiofrequency irradiation effects on the 2-methoxyethanol pathway.

研究の種別:

研究助成

関連論文