[試験管内ヒトリンパ球に及ぼすパルス電磁界の細胞効果:染色体変異,姉妹染色分体交換と細胞活動] med./bio.

Cytogenetic effects of pulsing electromagnetic field on human lymphocytes in vitro: chromosome aberrations, sister-chromatid exchanges and cell kinetics.

掲載誌: Mutation Research - Fundamental and Molecular Mechanism of Mutagenesis 1991; 247 (1): 141-146

<目的> 電磁界染色体異常を引き起こすか否かについては,相反する報告がなされている.本研究では,この点を究明するため,電磁界のヒトリンパ球に及ぼす影響を(1)姉妹染色分体交換SCE),(2)染色体異常(CA),(3)細胞分裂指数(MI)及び(4)細胞増殖指数(CPI)を調べることによりしらべた. <方法> 3人の被験者から採血し,全血培養パルス幅19ms, 50Hz, 1.05mTの磁界を24,48及び72時間曝露.Gotoら(1978)の方法を改良したギムザ染色により,上記4項目を検討. <結果及び結論> 表1及び図1にまとめてあるように,調べた4項目いずれも特に72時間の曝露で有意の変化を示す.48時間及び24時間ではCA, MIも有意にそれぞれ増加及び減少を示す.本実験においては,PEMFが染色体に対して,重大な損傷を与えることが示唆された.

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文