研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[単一ミリ波処理はマウスの胃腸内転移を傷つけない] med./bio.

Single millimeter wave treatment does not impair gastrointestinal transit in mice.

掲載誌: Life Sci 2002; 71 (15): 1763-70

この研究は、ミリ波治療装置(MWT)の臨床応用での禁忌の可能性を検討するために、MWTの一回治療が、マウスの消化管通過および結腸直腸通過の遅滞を招くか否かを調べた。上部消化管通過を定量的に評価するためにチャコールミール試験(炭粉懸濁液を経口投与)、結腸運動を評価するためにガラスビーズ試験を行なった。MWTはマウスの鼻領域に適用された。MWTの特性は、周波数= 61.22 GHz、入射電力密度= 15 mW/ cm2、治療時間= 15分。その結果、MWTは、マウスの小腸または結腸通過を有意に変化させなかった;したがって、MWTには、その臨床使の妨げとなるような、胃腸運動抑制効果はない、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether a single millimeter wave treatment, that can produce opioid-related hypoalgesia, may also retard gut transit and colorectal passage in mice.

詳細情報

Endogenous and exogenous opioids are known to suppress gastrointestinal transit; the authors hypothesize that endogenous opioids are involved in millimeter wave treatment-induced hypoalgesia.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 61.22 GHz
ばく露時間: 15 min

ばく露1

主たる特性
周波数 61.22 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 15 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 mice restrained in a plastic tube (8 cm long and 2.6 cm inner diameter).
Additional information mouse nose was uncovered for exposure purpose
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 15 µW/cm² unspecified 測定値 unspecified -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • gastrointestinal tract
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data have shown that millimeter wave treatment does not significantly change small intestinal or colonic transit in mice. Thus, suppression of gastrointestinal motility should not be a setback in the clinical use of millimeter wave treatment.

研究の種別:

研究助成

関連論文