研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[げっ歯類の培養細胞でのmRNA発現に対する無線周波放射の影響] med./bio.

Effect of radiofrequency radiation on mRNA expression in cultured rodent cells.

掲載誌: Physiol Chem Phys Med NMR 1988; 20 (2): 129-134

この研究は、4種類のげっ歯類細胞株に、温度37、40、42、45 ℃で、2450 MHzマイクロ波SAR = 103.5±4.2 W/ kg)のばく露を、さまざまなばく露時間で与え、ばく露群および擬似ばく露群の細胞から抽出されたmRNAを分析した。mRNAをニトロセルロースにドットブロットまたはノーザンブロットし、がん遺伝子熱ショックタンパク質、または長い末端反復配列を放射性同位元素で標識したDNAプローブをmRNAにハイブリダイズし、得られたオートラジオグラフでmRNA発現レベルのばく露群および擬似ばく露群における差を分析した。その結果、用いた細胞株およびプローブでは、マイクロ波ばく露後にmRNA発現有意な差は観察されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study if changes at the level of mRNA expression could be detected after microwave exposure of cultured rodent cells.

詳細情報

mRNA expression of certain oncogenes, heat shock proteins, and the long terminal repeat (LTR) region of mouse mammary tumor virus in four rodent cells lines was investigated. All cells were exposed to microwaves at temperatures of 37°, 40°, 42° and 45°C.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 3, 5, 10, 15 and 20 min
  • SAR: 103.5 mW/g mean (unspecified) (+/- 4.2 W/kg.)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
特性
  • guided field
ばく露時間 3, 5, 10, 15 and 20 min
Additional information Reference Article on wave guide apparatus: Kiel, J., and Erwin, D.(1984) Physiological Chemistry and Physics and Medical NMR 16, 317-323.
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • circular waveguide
ばく露装置の詳細 nitrocellulose tube (16 mm x 76 mm) kept in the waveguide.
Additional information Cells were exposed to microwaves at 37°C, 40°C, 42°C and 45°C.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 103.5 mW/g mean 指定なし unspecified +/- 4.2 W/kg.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

In this study no significant differences in mRNA expression were observed after microwave exposure.

研究の種別:

研究助成