研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[高周波電磁界のヒトEEGへの影響:脳マッピング研究] med./bio.

Effects of high-frequency electromagnetic fields on human EEG: a brain mapping study.

掲載誌: Int J Neurosci 2003; 113 (7): 1007-1019

この研究は、携帯電話からのパルス高周波電磁界EMF)が脳電図(EEG)に与える影響をヒトボランティア実験で調べた。実験では、携帯電話から放射されるEMFを被験者頭蓋骨ばく露中に、テレメトリー方式の16チャンネル脳波計(ExpertTM)を用いて覚醒時EEGを記録した。EMFの空間分布は、携帯電話同側の脳表層に隣り合う眼の周囲に特に集中していた。ExpertTM測定では、すべてのノイズが除去された。その結果、EEG上において観察された変化は、携帯電話EMFばく露開始から10〜15秒後では、目に見える変化はなく、アンテナに近い部位でのスペクトル中央周波数が増加した;20〜40秒後では、反対側の前頭部と側頭部に徐波活動(2.5〜6.0 Hz)が現れた;この徐波持続時間は約1秒)は、同じ記録電極において、15〜20秒ごとに繰り返された;携帯電話の電源オフ後に、徐波活動は徐々に消失し、中央周波数増加などの局所的な変化は減少し、15〜20分後に消失した;子どもにおいても、同様の変化が観察されたが、成人より振幅の大きい徐波成人よりも早く現れ(ばく露開始から10〜20秒後)、その周波数は低く(1.0から2.5 Hz)、持続時間は長く、間隔は短かった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of the pulsed high frequency electromagnetic field emitted by cellular phones on human EEG in children and adults.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露2: 100 MHz
Modulation type: CW

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
チャンバの詳細 sound isolated room
ばく露装置の詳細 Subjects were sitting on an arm chair.
Additional information EEG recordings were made before and during a call.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 4 W - - - 3-4 W

ばく露2

主たる特性
周波数 100 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • radiophone
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 3 mW maximum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The EEG was found to show normal activity during irradiation. However, a short-lasting slow-wave activity occured after a latent period of 15-20 s after turning on the phone. The authors observed these slow-waves, within the delta range, periodically in every 15-20 s. After turning off the phone, they progressively decreased. The authors concluded that the electromagnetic fields emitted by cell phones may be harmful for the human brain, since the delta waves are pathological if seen in awake subjects. On the other hand, the slow wave activity was more pronounced in children than adults, indicating that the children may be more vulnerable to the adverse health effects of cellular phones than adults.
(Results of field 2 (100 MHz, CW) are not shown.)

研究の種別:

研究助成

関連論文