研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットのペプシンのタンパク質分解活性に対する回転電磁界の影響] med./bio.

Effect of rotating electromagnetic fields on proteolytic activity of pepsin in rats.

掲載誌: Bull Exp Biol Med 2004; 137 (6): 632-634

この研究は、Wistarラットにおけるペプシンのタンパク質分解活性に対する37 GHz電磁界の影響を、偏波面が右旋回または左旋回(DまたはLキラリティ)のD偏波またはL偏波のばく露について調べた。6〜8ヶ月齢のラットを3つの群(各群10匹;電磁界ばく露対照群、D偏波ばく露群、L偏波ばく露群)に分けた。毎日のばく露時間は15分で6日間にわたるばく露の合計時間は1.5時間であった。影響評価項目の検査は、ばく露の1-6日目に実施した。ペプシンのタンパク質分解活性は、2つの方法で推定した。ツゴルコフ法は、ペプシンの血漿タンパク質切断能力に基づく。チェルニコフ修正したアディソン-ミルスキー法は、ペプシンのヘモグロビン切断能力に基づく。胃粘膜の形態的検査のため、胃の幽門部から採取した試料を10%ホルマリン固定パラフィン包埋して、組織切片のヘマトキシリンおよびエオシン染色、およびPAS染色を行なった。その結果、対照条件におけるペプシンの血漿タンパク質およびヘモグロビン消化活性は、それぞれ、0.032-0.050および0.66-0.75 mgであった;D偏波ばく露群では、ペプシンの血漿タンパク質およびヘモグロビン消化活性は増加した(それぞれ0.053および1.29 mg);D偏波ばく露群では、形態学的検査において、ばく露1〜6日目に進行性の腺肥大および主細胞および壁細胞の肥大が認められた;L偏波ばく露群では、ペプシンの血漿タンパク質およびヘモグロビン消化活性はそれぞれ、0.05および0.75 mgで、フォローアップ期でもそれぞれ、0.044および0.63 mgであった;L偏波ばく露群では、胃粘膜に多くの形態学的変化が見られ、ペプシン分泌能力が低下していた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the relationship between changes in proteolytic activity of pepsin and morphological characteristics of the gastric mucosa produced by nonthermal electromagnetic fields with the plane of polarization rotating in either right-handed or left-handed sense.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 37 GHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 15 min/day for 6 days
-

General information

Rats were divided into 3 groups (n=10 per group); group 1 was used as control, group 2 and group 3 were exposed to D-polarization and L-polarization respectively.

ばく露1

主たる特性
周波数 37 GHz
ばく露時間 repeated daily exposure, 15 min/day for 6 days
ばく露装置
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

D-polarization (right-handed) increased digestive activity of pepsin in relation to blood plasma proteins and hemoglobin. L-polarization (left-handed) suppressed pepsin production.
Morphological examination revealed progressive hypertrophy of glands and chief cells on days 1-6 of exposure to D-electromagnetic fields. These changes reflected high-intensity secretion of pepsin and HCl. L-electromagnetic irradiation induced morphological changes in the gastric mucosa (progressive necrobiotic changes).

研究の種別:

研究助成

関連論文