研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[20 kHzの三角波磁界に90日間ばく露されたSDラットの毒性バイオアッセイ] med./bio.

Toxicity bioassay in Sprague-Dawley rats exposed to 20 kHz triangular magnetic field for 90 days.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2006; 27 (2): 105-111

この研究は、Sprague-Dawleyラットを用いて、6.25 µT rms、20 kHzの中間周波(IF)磁界(鋸歯状波形)への長期ばく露(8時間/日、5日/週、90日間)による全身影響を調べた。ばく露は、1.5 m x 1.5 m x 1.5 mの空間に、1.5 m x 1.5 mの木枠に巻き付けた垂直コイル4個を並べ、その内部に動物を入れたポリカーボネート製ケージを置いて実施した。ばく露空間内の磁界均一性は測定により確認した。ばく露群および擬似ばく露群はそれぞれ、オスおよびメス各10匹から成った。尿分析(pH血清グルコースタンパク質、ケトン体、RBC、WBC、ビリルビン、ウロビリノーゲン、比重)、血液分析(WBC、RBC、ヘモグロビン、ヘマトクリット、平均赤血球容積(MCV)、平均赤血球ヘモグロビン(MCH) 、平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)、血小板数、白血球数)、血液生化学的分析(総タンパク質、血中尿素窒素クレアチニングルコース、総ビリルビン、総コレステロールアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ、アラニンアミノトランスフェラーゼ、アルカリホスファターゼ、乳酸デヒドロゲナーゼ)および肝臓腎臓精巣卵巣脾臓、脳、心臓、肺などの臓器の組織病理学的分析を実験90日目に実施した。その結果、IF磁界ばく露ラットと擬似対照ラットの間に、上記の分析データにおける有意差は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study possible toxic effects of 20 kHz intermediate frequency magnetic field (which is the field from TV and PC monitors) in rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 20 kHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 8 h/day, 5 days a week for 90 days

General information

Both sham or MF exposure groups consisted of 10 male and 10 female rats.

ばく露1

主たる特性
周波数 20 kHz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sawtooth-shaped
ばく露時間 repeated daily exposure, 8 h/day, 5 days a week for 90 days
Additional information Reference article: Yoo DS. 2002. EMF standards and researches in Korea. Proc WHO Meeting on EMF Biological Effects and Standards Harmonization in Asia and Oceania, Seoul, Korea, 22-24 October, pp 73-74
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 the 1.5 m x 1.5 m x 1.5 m exposure system consisted of 4 horizontal and 4 vertical wood frames on which the coils were wound; only the horizontal coils were used in these experiments; coils made of 1.2 mm enamel coated copper wire; 2 wood panels (1 m x 1 m) inside the coils system on which the polycarbonate shoebox cages (420 mm x 260 mm x 180 mm) were placed
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 6.25 µT effective value 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 脳/腫瘍
  • lung, liver, kidney, testis, ovary, spleen, heart
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Data showed no significant differences in the analyses between exposed and sham-exposed rats. Therefore, the authors conclude that there were no significant toxicities, evidenced by serological, serum biochemical, urine, and histological examination, in rats exposed to 20 kHz intermediate frequency magnetic field-exposure for 90 days.

研究の種別:

研究助成

関連論文