研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[安静時のヒトのEEGに対する217Hz変調450 MHzマイクロ波の影響] med./bio.

Effect of 450 MHz Microwave Modulated with 217 Hz on Human EEG in Rest

掲載誌: Environmentalist 2005; 25 (2-4): 165-171

この研究は、安静時のヒトの脳電図(EEG)の強度および時間変動に、低レベルのマイクロ波ばく露が識別可能な変化を生じさせるか否かを調べた。EEG信号の解析には、パワースペクトル密度PSD)法と、低変動性期間の長さ分布(LDLVP)の非線形尺度構成法を用いた。実験中、19人の健康なボランティアは、周波数217 Hzでパルス変調されたマイクロ波(450 MHz)のばく露を受けた。頭皮での電力密度は0.16 mW / cm2であった。反復的マイクロ波ばく露10サイクルを実験プロトコルとした。前頭、側頭、頭頂および後頭からのEEG信号のシータ、アルファおよびベータリズムを分析した。その結果、マイクロ波へのばく露は、EEG活動の平均的な増加を引き起こした;LDLVP分析では、2人の被験者(11%)において、時間変動への有意な影響が識別された;PSD法では、4人の被験者(21%)において、強度の有意な変化が検出された;低レベルのマイクロ波ばく露の影響は、ヒトの脳の側頭部および頭頂部のEEGベータリズムにやや強めに現れた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The hypothesis, evaluated in this study, is that modulated at 217 Hz microwave exposure increases variability of the EEG signal and causes changes in the power spectrum of the EEG in humans.

詳細情報

During the study 19 healthy volunteers were sham-exposed or exposed to microwaves.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 450 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: intermittent, 60 s on/60 s off, for 20 min

ばく露1

主たる特性
周波数 450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent, 60 s on/60 s off, for 20 min
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 50 %
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • quarter-rhythm antenna (13 cm)
Distance between exposed object and exposure source 10 cm
チャンバの詳細 The subjects lay in a dark room in a relaxed position, eyes closed and ears blocked.
ばく露装置の詳細 The antenna was located at 10 cm from the skin on the left side of the head.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Only one EEG recording was performed for a subject per day. Test sessions were double blind, and the exposed and sham exposed subjects were randomly assigned.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.16 mW/cm² - 推定値 - at the scalp

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Low-level 450 MHz microwaves modulated at 217 Hz produced statistically significant changes in time variability and intensity of the EEG signal for 10-20 % of the subjects. The effect was stronger on EEG beta waves in temporal and parietal regions of the brain.

研究の種別:

研究助成

関連論文