研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話からの無線周波電磁界放射へのばく露中のヒトの脳波活動] med./bio.

Human brain wave activity during exposure to radiofrequency field emissions from mobile phones.

掲載誌: Australas Phys Eng Sci Med 2003; 26 (4): 162-167

この研究は、携帯電話からの電磁界放射がヒトの脳電図(EEG)に影響を与えるか否かを、ボランティア実験で調べた。10人の覚醒している被験者のEEGを、頭部の後ろ側に置かれた携帯電話からの無線周波RF放射へのばく露(または擬似ばく露)中に記録した。2つの実験を行った。第1実験は、スピーカーを無効化し、最大放射電力で送信するように修正されたGSM携帯電話でRFばく露が生成された。第2実験は、通常のスタンバイモードをオンにした無修正のGSM携帯電話ばく露が生成された。それぞれの実験において、被験者は、5分間隔で、5回の真のばく露と5回の疑似ばく露をランダムなシーケンスで与えられた。実験は、単純ブラインド化条件下で実施された。ばく露および擬似ばく露中の平均EEGの各バンド平均パワーを比較した。その結果、は、第1実験(最大放射電力モード)では、アルファ波バンド(8-13 Hz)およびベータ波バンド(13-32 Hz)において、ばく露擬似ばく露の間で有意差が見られた;離散的なEEGリズムにおけるスペクトルパワー中央値についてさらに統計分析したところ、全体で32の異なる周波数のうちの7つにおいて有意差があることが明らかになった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine whether there is an effect of mobile phone electromagnetic field emissions (full-power and standby modes) on the human electroencephalography (EEG).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: intermittent for 10 x 5 min, see add. information
transmission mode
ばく露2: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: intermittent for 10 x 5 min, see add. information
standy mode
-

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent for 10 x 5 min, see add. information
Additional information transmission mode
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

Discontinuous transmission (DTX) and power control were disabled.

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • transmitting full power, with its speaker disabled
Distance between exposed object and exposure source 2 cm
チャンバの詳細 Subjects were sitting relaxed in a back supported chair.
ばく露装置の詳細 The mobile phone was placed horizontally behind the subject's head with the antenna positioned 2 cm away from the occipital region.
Additional information Ten sessions of 5 min each were made with 50% randomised (single-blind) EMF or sham exposures and breaks of 10-15 min between them.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 250 mW mean - - -
電力 2 W peak - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent for 10 x 5 min, see add. information
Additional information standy mode
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

The phone was in standby mode emitting low frequencies within 1-32 Hz.

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • in standby mode
Distance between exposed object and exposure source 2 cm
Additional information Ten sessions of 5 min each were made with 50% randomised (single-blind) EMF or sham exposures and breaks of 10-15 min between them.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Statistical analysis indicated significant difference in the full-power mode trial within the EEG alpha (8-13 Hz) and beta (13-32 Hz) bands. A subsequent statistical test of median spectral power in discrete EEG rhythms revealed significant differences in 7 of the 32 distinct frequencies overall. In conclusion, the data lend support to the thesis of EEG effects from mobile phones activated in talk-mode.

研究の種別:

研究助成

関連論文