研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[60 Hz磁界は化学発がん物質を投与されたマウスの偏平上皮がん発生率を増やす] med./bio.

A 60-Hz magnetic field increases the incidence of squamous cell carcinomas in mice previously exposed to chemical carcinogens.

掲載誌: Cancer Lett 1995; 92 (2): 121-125

<目的>SENCARマウスに10nmole DMBA、引きつづき0.3μgPMAを23週連続して与え、磁界ばく露した群では皮膚パピローマの発生比率が高かったことを報告した(Stuchly,McLean et al 1992)、今回はこの実験の延長で52週まで観察した結果を報告する。 <対象・方法>5週齢SENCARマウス96匹10nmole DMBAを塗布。一方の群には60Hz、2mT磁界を6h/d、5d/w 52週ばく露した。他方はshamコントロール群、両群ともDMBA塗布1週間後0.3μgPMAを23週まで与えた。52週後組織標本をつくり検鏡。 <結果>磁界ばく露群では腫瘍を発生した13例中8例(8/13=62%)に偏平上皮がんが発生し、コントロール群7例中1例(1/7=14%)に比べ有意に高かった。24~52週の間に磁界ばく露群では15匹中2匹(2/15=13%)で腫瘍の自然退縮がみられたがコントロール群では10匹中3匹(3/10=30%)でみられた。 <結論>60Hz磁界のもつエネルギー(1cal/mol)はDNAに損傷を与えるには弱すぎると考えられている。しかしこの程度のエネルギーはある種の化学反応系ではフリーラジカルを形成する比率を変更するには十分である。フリーラジカルによってパピローマが偏平上皮がんになった可能性が考えられる。(英文不記載)

研究目的(著者による)

SENCARマウスモデルにおける皮膚がんの成長に対する60Hz磁界ばく露の影響を調査すること。

詳細情報

がんの成長のイニシエーション及びプロモーションにはDMBA及びPMAを用いた。
本研究では合計96匹のマウスを用いた(2群/各48匹)。一方を磁界ばく露群、他方を偽ばく露群とした。各々のマウスに単用量の亜発がん性DMBAを投与した(10nmol)。その1週後から、PMA(0.3µg)を毎週投与し、23週続けた。磁界ばく露及び偽ばく露を更に29週実施した(ばく露/偽ばく露は合計で52週)。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 6 h/day, 5 days/week, 52 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 6 h/day, 5 days/week, 52 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 mT unspecified 指定なし - -

Reference articles

  • McLean JR et al. (1991): [60 Hz磁界によるマウス皮膚モデルの発がんプロモーション:II. 腫瘍発現と免疫応答]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

52週後に腫瘍のあるマウスの数は有意に変わらなかった:但し、磁界ばく露群における扁平上皮がんの数は統計的に有意に増加した。

研究の種別:

研究助成

関連論文