研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study, review/survey)

[SENCARマウスの化学的誘発皮膚がんコ・プロモーションへの60 Hz磁界ばく露の影響:3回の実験の検討] med./bio.

The effect of 60 Hz magnetic fields on co-promotion of chemically induced skin tumors on SENCAR mice: a discussion of three studies.

掲載誌: Environ Health Perspect 1997; 105 (1): 94-96

この研究は、合計288匹のSENCARマウスを用いた、3つの独立した実験で、皮膚腫瘍増殖および発達に対する60 Hz磁界の影響を調べた。実験設計によって課せられた制約を考慮して、実験結果は、腫瘍促進剤としての磁界の役割を支持しなかった、と報告している。この陰性所見について、SENCARマウスの感受性の問題、2段階(開始/促進)モデルの問題、擬似ばく露群での発がん制限が要件であることなどを議論し、磁界に対する弱い応答の検出および解釈の困難さを述べている。

研究目的(著者による)

60Hz磁界皮膚細胞の成長及び発達に及ぼす影響を評価するため、3つの独立した実験を考察した(これらの再現実験の最初のものについては、 publication 1383 を参照)。

詳細情報

良く知られたSENCARマウスの2段階(イニシエーション/プロモーション皮膚がんモデルを用いた。動物の毛を剃った背部にDMBA(7,12-ジメチルベンゾアントラセン)を投与することで腫瘍形成を開始させた。イニシエーションの1週間後、動物をPMA(ホルボールミリスチン酸アセテート)で23週間処理した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 6 h/d, 5 d/week for 23 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 6 h/d, 5 d/week for 23 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • double set of square
チャンバの詳細 acrylic cages/0.1 m x 0.25 m x 0.18 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 mT mean 指定なし - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、腫瘍のコ・プロモータとしての磁界の役割を支持しなかった。この陰性の結果は、SENCARマウスの皮膚がんモデルは弱いコ・プロモータの作用を検出するには感受性が十分ではなかったとも解釈できる。

研究の種別:

研究助成

関連論文