[電磁界にばく露されている高電圧研究室のケーブルスプライサーのリンパ球の染色体異常] epidem.

Chromosome aberrations in lymphocytes of high-voltage laboratory cable splicers exposed to electromagnetic fields.

掲載誌: Scand J Work Environ Health 1993; 19 (1): 29-34

高電圧を扱う13名の研究所職員と20名のリファレントを、細胞遺伝学的な損傷についての横断的和研究に参加させた。導線のテストを行っている間、作業者は静、交流、あるいはパルス電磁界にさらされます。50Hz磁界レベルは5-10μT、時にはもっと高くなる。末梢血リンパ球における染色体異常姉妹染色分体交換、及び異数性を調査し、さらに、DNA合成抑制、修復するためにヒドロキシウレアとカフェインで処理された培養リンパ球染色体異常についても調査した。7名の喫煙職員の中では、染色体切断/200細胞の割合は2.3であった。これと職種を一致させた作業者の数値は0.7であった。抑制された培養リンパ球の数値は12.0対6.0であった。禁煙者については、どちらの方法でも増加は見られなかった。その他の遺伝子に関するパラメーターには、ばく露作業者とリファレントの間で差は見られなかった。この結果は、高電圧作業者の間で遺伝毒性効果のリスクの上昇があるという仮説を、ある程度示唆している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文