研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[電磁界および鉱油のばく露を受けた変圧器・発電機製造業の従業員におけるリンパ球の染色体異常] med./bio.

Chromosomal aberrations in lymphocytes of employees in transformer and generator production exposed to electromagnetic fields and mineral oil.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2001; 22 (3): 150-160

この研究は、電磁界と鉱油のばく露を受けたノルウェーの変圧器製造工場の作業員における細胞遺伝学損傷リスクを調べた。ばく露群24人、マッチされた対照群24人での横断調査である。電界および磁界、オイルのミストおよび蒸気を測定した。血液サンプルを採取し、培養リンパ球における染色体異常を分析した。このような通常の培養の他に、リンパ球をヒドロキシ尿素およびカフェインで処理した培養も行なった、この処理でインビトロでのDNA合成および修復が阻害されるため、通常の培養では修復されてしまう遺伝毒性病変が明らかになる。実験の結果、通常の培養においては、ばく露群と対照群は、すべての細胞遺伝学的パラメータについて同様の値を示した;DNA合成および修復が阻害された培養においては、作業員の職種による違いが見られ、発電機溶接工では対照群との有意差がなく、高電圧実験室検査員では、対照群と比較して、染色分体切断数の中央値は2倍(50細胞当たり5対 2.5:P < 0.05)、染色体切断数の中央値は2対 0.5(P > 0.05)、異常細胞数の中央値は5対3.5(P < 0.05)であった;以前の研究および今回の研究での阻害培養データを詳細分析すると、ばく露年数および喫煙は、異常リスクを上昇させることが示された、と報告している。

研究目的(著者による)

本研究の狙いは、電磁界と鉱油にばく露された作業者のリンパ球における細胞遺伝学損傷リスクを評価することであった。

詳細情報

高圧実験所及び発電機のはんだ付け部門の従業員24を含むばく露群を、24人の作業者からなる対照群と比較した。電界及び磁界の他に、霧状油及び油蒸気を測定した。通常のリンパ球培養に加えて、リンパ球をヒドロキシウレア及びカフェインでも処理した。この処理はイン・ビトロでのDNA合成及びDNA修復を阻害し、通常の培養時には修復される イン・ビボでの遺伝毒性病変を明らかにするものである。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: 5 min - 1 h; once a week at Plant A; once a month at Plant B
short curcuit testing
ばく露2:
  • unspecified
ばく露時間: several hours
applied potential test
ばく露3:
  • unspecified
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 12 - 25 single pulses
pulse testing
ばく露4: 11 kHz
ばく露時間: 2- 5 h/day for several days per week
generator soldering group

General information

three groups of test persons: i) transformer testers working in two high-voltage laboratories A and B ii) generator soldering group working in two high-voltage laboratories A and B ii) control group without EMF exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
ばく露時間 5 min - 1 h; once a week at Plant A; once a month at Plant B
Additional information short curcuit testing
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • transformer
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.9 mT - - - 1 m from transformer, 45kA
磁束密度 7 mT - - - near the cables
磁束密度 5 µT - - - in the control room

ばく露2

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
ばく露時間 several hours
Additional information applied potential test
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 6 µT - - - -

ばく露3

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 12 - 25 single pulses
Additional information pulse testing
Modulation
Modulation type pulsed
Rise time 1 µs
Additional information

half-value time 50µs

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 3 kV/m - - - control room at plant A
電界強度 700 V/m - - - control room at plant B
電界強度 15 kV/m - - - test hall at plant A
電界強度 2.3 kV/m - - - test hall at plant B
磁束密度 70 µT - - - test hall at plant A
磁束密度 3 µT - - - test hall at plant B

ばく露4

主たる特性
周波数 11 kHz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
ばく露時間 2- 5 h/day for several days per week
Additional information generator soldering group
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • cabel across shoulder
Additional information EF 1m from cable; MF 5 cm from cable
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 50 µT - 測定値 - -
電界強度 1.8 kV/m - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

高電圧実験所の従業員については、対照群と比較して、DNA合成及びDNA修復を阻害した培地染色体異常の数の増加が認められたが、通常の培地リンパ球には認められなかった。阻害した培地のデータの更なる分析では、ばく露と喫煙の年数が染色体異常リスクを増大させたことが示された。
発電機のはんだ付け部門の作業者のリンパ球には、有意差は認められなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文