研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[雌ラットの社会認識記憶に対する17b-エストラジオール及び超低周波磁界の影響:可能性のある相互作用か?] med./bio.

Effects of 17 b-estradiol and extremely low-frequency electromagnetic fields on social recognition memory in female rats: A possible interaction?

掲載誌: Brain Res 2006; 1095 (1): 131-138

研究目的(著者による)

ラットの社会的な短期記憶の期間に対して超低周波電磁界が影響を及ぼすかどうか、また、この作用がエストロゲン依存性かどうかを調べること。

詳細情報

幼若社会認知パラダイムを用いて、成獣を幼若獣(社会的刺激として)にばく露してから30及び300分後に、記憶保持を検査した。

認知に対するエストロゲンの影響力を調べるため、80匹の成獣ラットのうち40匹の卵巣を切除した。試験の3日前、これらのラットのうち16匹に17-bエストラジオールを毎日注射した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 2 h/day for 9 days

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 2 h/day for 9 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Coils were spaced apart at a distance of equal radii in upper and lower face of the plastic exposure chamber (30 x 30 x 15 cm) and provided uniform field distribution. Sham exposed animals were kept in the same chamber for the same amount of time but with the coils switched off.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT unspecified 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

超低周波電磁界ばく露または非ばく露の、生殖腺が健全なラット卵巣切除したラットの両方で、健全な社会認識記憶が示された。但し、生殖腺が健全な対照ラットは、300分の時点で認識記憶保持を示せなかったが、更に超低周波電磁界ばく露されたラットは示せた。このことは、生殖腺が健全な雌では雄と同様に、社会認識記憶に対する超低周波電磁界持続時間延長作用が生じていることを示している(publication 11223 参照)。

加えて、データは、ばく露による記憶保持の促進卵巣摘出によって妨げられるが、エストロゲンの外因性処置によって回復することを示した。このことは、社会認識記憶に対する超低周波電磁界の影響はエストロゲン依存性であることを示唆している。

研究の種別:

研究助成

関連論文