研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波電磁界へのばく露は雄ラットの社会認識を改善する] med./bio.

Exposure to extremely low-frequency electromagnetic fields improves social recognition in male rats.

掲載誌: Physiol Behav 2004; 82 (4): 685-690

超低周波電磁界(ELF EMFs)へのばく露が社会認識に与える影響を、成獣ラット同種の幼若ラットの2通りで、ばく露間区間(IEI)を別々にして、比較した。9日間で2時間にわたる1mTのELF EMFへのばく露は、Wistarの成獣ラット短期記憶持続時間を最高300分まで増大させた。ELF EMFがラットにおいて社会認識記憶を向上させることが初めて明らかにされた。

研究目的(著者による)

ラットの社会認識行動に対する低周波電磁界へのばく露の影響を調査すること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 2 h/day for 9 days

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 2 h/day for 9 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 plastic exposure chamber/ 30 cm x 30 cm x 15 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

超低周波電磁界への2時間、9日間のばく露は、成獣ラット短期記憶持続時間を最大300分まで増加させた。これらのデータは、低周波電磁界ラットの社会認識記憶を改善することを示している。

研究の種別:

研究助成

関連論文