研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[50 Hz磁界と既知の発がん物質の共ばく露によるラットの肝臓がんの研究] med./bio.

Rat liver foci study on coexposure with 50 Hz magnetic fields and known carcinogens.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1993; 14 (1): 17-27

この研究は、ラット肝臓化学的に誘発された前がん病変のイニシェーションおよびプロモーションのプロセスと磁界MF)との相互作用の可能性を調べた。オスのSprague-Dawleyラットに70%部分肝切除術を施し、その24時間後にイニシェータであるジエチルニトロソアミン(DENA)を腹腔内投与した。DENA処理の1週間後に、プロモータであるフェノバルビタール(PB)を投与を開始した。MFばく露は、部分肝切除直後から開始し、12週間のPB投与終了後に屠殺するまで続けた。一様な50Hzの水平磁界磁束密度0.5 μTまたは0.5 mTでばく露した。その結果、MF+DENA+PB群は、DENA+PB群に比べ、体重増加は小さかった;MFばく露群では、病巣のサイズおよび数もわずかに減少した、と報告している。

研究目的(著者による)

磁界ばく露ラット肝臓モデルにおける腫瘍のイニシエーションまたは成長に影響を及ぼし得るかどうかを調査すること。

詳細情報

雄のラット肝臓の70%を切除し、磁界ばく露(0.5µTまたは0.5mT)を開始した。24時間後、腫瘍イニシエータとしてジエチルニトロソアミン30mg/kgを腹腔内注射した。1週後、変化した肝細胞の成長を促進させるため、フェノバルビタールを投与した。磁界ばく露を13週間印加した。ラットには、酵素ガンマグルタミルトランスペプチダーゼを生じない特別な餌を与えた。

細胞成長の変化の指標としての酵素ガンマグルタミルトランスペプチダーゼ及びグルタチオンS-トランスフェラーゼの有無について、肝組織の切片を組織病理学的に検査した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 19 h/day on week days and 21 h/day on weekends and holidays, for 13 weeks
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 19 h/day on week days and 21 h/day on weekends and holidays, for 13 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 19 h/day on week days and 21 h/day on weekends and holidays, for 13 weeks
Additional information Reference article regarding the quadrupole coil design: Harvey SM (1987): "Magnetic-Field Exposure Apparatus for Small Animal Studies: Phase 2." Ontario Hydro Research Division, Report No 87-118K.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • quadrupole coil system with copper bars as windings
チャンバの詳細 Polycarbonate plastic cages with polyacrylamide cage tops
Additional information Copper bars mounted on a wooden frame hence making a floor or a level. On each level, five cages were placed on PV cell boards which were held by metal consoles from the wall thus avoiding contact between the copper bars and the cages. Twice a week the position of the cages were changed in the rack. An extra board was placed on the top of the whole exposure apparatus to make similar light conditions on each level.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 500 nT unspecified 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 19 h/day on week days and 21 h/day on weekends and holidays, for 13 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Additional information The exposure took place in a separate room.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 500 µT unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界ばく露群では非ばく露対照群よりも肝臓の重量が重かった。部分肝切除とその後のジエチルニトロソアミン処理は、上述の酵素発現によって示される前腫瘍性肝病変を生じた。磁界ばく露群では、これらの病変は僅かに阻害された。
 この結果は、磁界化学的に誘導した発がんとの相互作用を示唆している。

研究の種別:

研究助成

関連論文