研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ウィスターラットの生殖機能に対する低強度の超高周波放射の影響] med./bio.

Effect of low-intensity extremely high frequency radiation on reproductive function in wistar rats.

掲載誌: Bull Exp Biol Med 2006; 142 (2): 189-190

この研究は、低強度の超高周波電磁放射へのばく露ラット生殖能力に与える影響を調べた。正常な生殖能力を持つ成獣のオスのラット(n = 10)に、30–300 GHzの超高周波電磁界ばく露を少なくとも 0.3 mW/ cm2の電力密度で、1日30分間、35日間または63日間与えた。ばく露後に、精子形成を評価し、また、無ばく露のメスと交配させてその子孫(F1およびF2世代)への影響を評価した。その結果、ばく露開始から7日目、21 - 28日目、35 - 63日目のラットでの検査で、異常精子の割合が顕著に増加したことが示された;子孫については、F1世代の同腹児の数が、ばく露を受けた親世代のものを上回った、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

This study was performed to investigate effects of extremely high frequency field on fertility of rats.

詳細情報

10 adult male rats with normal fertility were examined in their spermatogenesis and coupled with unexposed female rats to estimate effects of high frequency field exposure on their offspring (first filial generation, second filial generation, etc.).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 30–300 GHz
ばく露時間: 30 min/day on up to 35 days or 63 days

ばく露1

主たる特性
周波数 30–300 GHz
タイプ
  • electric field
ばく露時間 30 min/day on up to 35 days or 63 days
Additional information A. V. Sergeev, T. I. Subbotina, and A. A. Yashin, Informational Medical Biophysics (Theory, Experiment, and Application) [in Russian], Ed. A. A. Yashin, Tula (2002).
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.3 mW/cm² minimum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A remarkable increase in the percentage of abnormal sperm was observed in field exposed rats on days 7, days 21-28 and 35-63 after the start of irradiation. Regarding the offspring, the litter size of first filial generation exceeded normal litter size.

研究の種別:

研究助成

関連論文