研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study, theoretical study, review/survey)

[ELF電磁界の感知:興奮閾値と個人間変動] med./bio.

Perception of ELF electromagnetic fields: excitation thresholds and inter-individual variability.

掲載誌: Health Phys 2007; 92 (6): 591-595

この研究は、1,071人(16歳から60歳の男性349人と女性359人、9歳から16歳の女児117人と男児123人、60歳以上の人123人)を対象に広範な電流知覚閾値の測定を実施した。前腕に取り付けたペア電極から電流を印加して、知覚閾値を測定した。現在、電磁界ばく露制限するガイドラインでは、神経細胞刺激からの防護のために、体内の電流密度基本制限を推奨している。それらは実験データに基づいており、一般集団への外挿は個人間の変動性に関する限定的な知識を利用して行われた。細胞興奮の変動性の評価の代替尺度には、直接印加された電流の知覚閾値が用いられるが、小グループから得られたデータは大きなばらつきがあった。今回の広範な測定の結果、電流知覚閾値は、対数正規分布にかなりよく適合することが示された;個体間の変動性は、これまで想定されていたよりも1桁高い2桁の大きさになった;女性は男性よりも有意に敏感であることが示された;知覚確率pのレベルに応じて、女性の知覚閾値は男性の0.77倍(p = 50 %の場合)または0.45倍(p = 0.5 %の場合)の低値であった;小児成人男性よりもかなり敏感であったが、成人女性と同等であった;年齢依存性は、成人男性から少年へと年齢とともに低下し、10歳前後で女児の閾値と同じになった;個人間変動に関する知見は、接触電流に関する現在の安全限度値を批判的にレビューする必要があることを示唆している;その一方、今回のような電流印加法で生じる体内誘導電流密度を数値シミュレーションした結果では、ICNIRPの体内電流密度基本制限は、細胞興奮の防護に対し安全側に立っていることが確認された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the perception threshold of extremely low frequency electromagnetic fields in 1,071 individuals (349 men and 359 women aging 16 to 60 years, 117 girls and 123 boys aging 9 to 16 years, and 123 individuals older than 60 years).

詳細情報

The survey discusses the results of author's previous research (see "related articels" et al.).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: current linearly increased until perception of current

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric current
ばく露時間 current linearly increased until perception of current
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • conventional circular pre-geled ECG-Ag/AgCl electrodes
ばく露装置の詳細 electrodes on both forearms of the test persons
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電流密度 9.9 µA/cm² minimum 計算値 - for women
電流密度 209 µA/cm² maximum 計算値 - for women
電流密度 43.7 µA/cm² minimum 計算値 - for men
電流密度 248 µA/cm² maximum 計算値 - for men
電流密度 14.4 µA/cm² minimum 計算値 - for children
電流密度 187 µA/cm² maximum 計算値 - for children
参照 - - - - current: 15 µA min. value

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Women were found to be significantly more sensitive than men. Children turned out to be more sensitive than men but similar to women. An analysis of the age dependence showed that both boys and girls were similarly sensitive to electric currents at ages 9 to 11 years. The data indicate that existing safety limit values for touch currents need critical review.
Numerical simulations confirmed that the basic limit values of intracorporal electric current densities as recommended by ICNIRP are conservative to prevent cellular excitation.

研究の種別:

研究助成

関連論文