研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[子ども及び高齢者を含む一般公衆の電流知覚] med./bio.

Electric current perception of the general population including children and the elderly.

掲載誌: J Med Eng Technol 2005; 29 (5): 215-218

研究目的(著者による)

子ども及び高齢者を含む、一般公衆の代表的な電流知覚閾値確率分布を作成すること。

詳細情報

9-16歳の子ども240人(女子117人)及び61歳以上の高齢者123人(女性60人)測定を実施した。50Hz電流を1µAから線形に強め、最初に感じた際にボタンを押して電流を遮断するように子ども及び高齢者に依頼した。測定を6回反復した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: until first perception of the current
  • I > 1 µA

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 until first perception of the current
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • ECG-Ag/AgCl electrodes
ばく露装置の詳細 conventional pregelled ECG Ag/AgCl electrodes with a contact area of 3.14 cm² and a center distance of 5.5 cm applied to the lateral side of the volunteer's forearm; current increased linearly; each measurement repeated 6 times with a 3 min. interval between measurements
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - I > 1 µA

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

子ども及び高齢者についての結果を、16-60歳の成人男女の集団(publication 10184)と比較した。

子どもには性別に関連した電流知覚の差が見られ、女子(中央値=236µA)は男子(中央値=257µA)よりも電流に敏感であった。女子の知覚閾値には成人女性との有意差はなかった。対照的に、男子と男性の値には有意差があった:男子の知覚閾値は男性よりも大幅に低かった。高齢者の結果には、成人男女との有意差は認められなかった。

一般公衆の異なるグループからのこれらの結果から、電流に対する感度についての一般的な確率分布を創出した:50Hz電流知覚の中央値は、成人男女では273µTであった。子ども及び高齢者を含めると、中央値は268µTになった。

成人男性のデータに低減係数2を用いて導出した子どもに対する接触電流限度は、一般公衆全体のデータから導出した値と比較して相当に高すぎるので、正当化されないことがわかった。この新たなデータは、現行の限度を見直す必要性を示している。

研究の種別:

研究助成

関連論文