研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[子どもの電流知覚:年齢及び性別の役割] med./bio.

Electric current perception of children: the role of age and gender.

掲載誌: J Med Eng Technol 2006; 30 (5): 306-309

研究目的(acc. to editor)

子どもの電流知覚を調べること。

詳細情報

9歳超の子ども240人(女児117人、男児123人)について測定を実施した。50Hzの電流を1µAから線形に増加させ、最初に感じた時に電流を中断するためにボタンを押すように子どもに依頼した。データを成人と比較した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: until first perception of current; repeated 6 times with a 3 min break between the tests
  • I = 1 - 1000 µA

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric current
ばく露時間 until first perception of current; repeated 6 times with a 3 min break between the tests
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electrode
  • pre-gelled ECG-Ag/AgCl-electrodes on the forearms of the children
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - I = 1 - 1000 µA

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、子どもの電気感受性は成人よりも高かったが、成人電気感受性の全体的な範囲を超えなかったことを示した。更に、子どもは年齢依存性及び性別依存性の差を示した。女児の結果の年齢依存性は弱かった。ゆえに、9歳未満では大きな変化は予想されない。男児の電気感受性は年齢が低いほど高かった;但し、最終的には女児に近付く。
この知見は、子どもに許容される接触電流を低減すべき係数は、検討した知覚確率レベルにに依存するということを含意している。過去に選択された2倍の低減係数は見直す必要がある。

研究の種別:

研究助成

関連論文