研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[高強度パルス電界のクリティカルなパラメータの影響を受けるトマトジュースのリコペン、ビタミンC、および抗酸化力] med./bio.

Lycopene, vitamin C, and antioxidant capacity of tomato juice as affected by high-intensity pulsed electric fields critical parameters.

掲載誌: J Agric Food Chem 2007; 55 (22): 9036-9042

この研究は、トマトジュースの高強度パルス電界(HIPEF)処理において、処理変数(周波数、パルス幅、およびパルス極性)がどのようにトマトジュースのリコピン、ビタミンC、および抗酸化能に影響を与えるかを評価し、可能な限り生物活性化合物含有量が高いトマトジュースを得るためのHIPEF処理条件の最適化を応答曲面法により検討した。電界強度35 kV / cmの方形波パルスを用いたばく露時間1000 μsでのサンプル処理において、単極または双極モードで、周波数を50〜250 Hzパルス幅を1〜7 μsの間で変化させた。その結果、データは、提案した2次応答関数に有意に適合した(P <0.001);パルス周波数、パルス幅、および極性は、HIPEF処理したトマトジュースのリコピン、ビタミンC、および抗酸化能に有意な影響を与えた;最大の相対リコピン含有量(131.8%)、ビタミンC含有量(90.2%)、および抗酸化能の保持(89.4%)は、双極モードパルス周波数250 Hzパルス幅1 μsのHIPEF処理で得られた、と報告している。

研究目的(著者による)

トマトジュースのリコピン、ビタミンC、及び抗酸化能力に対する、高圧パルス電界の処理変数(周波数、パルス幅パルス極性)の影響を調べること。

詳細情報

高圧パルス電界は、(腐敗性及び病原性微生物の)高い不活化レベルを生じつつ、ジュースの品質と鮮度を保つことができるため、食品業界がますます関心を寄せている非熱技術である。生物活性化合物の量が最も高いトマトジュースを得るため、処理条件の最適化を実施した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50–250 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 1 ms

General information

All experiments were conducted a) with monpolar pulses b) with bipolar pulses

ばく露1

主たる特性
周波数 50–250 Hz
タイプ
  • electric field
波形
  • rectangular
ばく露時間 1 ms
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

pulse width: 1 - 7 µs

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • two stainless steel electrodes with a gap of 0.29 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 35 kV/cm - - - -

Reference articles

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

パルス周波数、パルス幅及び極性は、ばく露したトマトジュースのリコピン、ビタミンC、及び抗酸化能力に有意に影響した。リコピン量(131.8%)、ビタミンC量(90.2%)及び抗酸化能力保持(89.4%)の最大相対値は、パルス時間1µs、250Hzの両極性モードの高強度パルス電界処理で得られた。ゆえに、高強度パルス電界の適用は、栄養価の高いトマトジュースを得るのに適しているかも知れない。

研究の種別:

関連論文