研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[9.17GHzパルス電磁界は酵母のフリーラジカルを増加させる] med./bio.

Pulsed electromagnetic field at 9.71 GHz increase free radical production in yeast (Saccharomyces cerevisiae).

掲載誌: Pathol Biol (Paris) 2009; 57 (3): 245-251

【目的】低電力密度電磁界の長期ばく露の影響に関与する潜在的メカニズムとして示唆されている酸化ストレスの上昇を検証すること。【方法】酵母培地を、0.5-16W/kgのSARで9.71GHzパルス電磁界に20分間ばく露させた。酸化性の変動をESRスピントラッピング法により調べ、それが細胞膜流動性に与える影響をスピンラベル法で【結果】水溶性スピントラップおよび脂溶性スピントラップを用いた実験は、低電力密度ばく露条件(SAR<4W/kg)および熱的条件(SAR>4W/kg)の両方において、スピン反応生成物の増加を示した。全ての条件で、ばく露後の細胞流動性減退は脂質過酸化と一致していた。全体的結果は、細胞内でのフリーラジカル生成の増加を示唆したが、酵母のバイタリティに変化は見られなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the effects of pulsed electromagnetic field exposure at 9.71 GHz on free radical production and membrane fluidity in yeast.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 9.71 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 20 min
  • 電力: 9 W minimum
  • 電力: 300 W maximum
  • SAR: 0.5 W/kg (at 9 W)
  • SAR: 1 W/kg (at 18 W)
  • SAR: 2 W/kg (at 37 W)
  • SAR: 4 W/kg (at 75 W)
  • SAR: 8 W/kg (at 150 W)
  • SAR: 16 W/kg (at 300 W)

ばく露1

主たる特性
周波数 9.71 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 20 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 9 µs
Duty cycle 1 %
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • pulsed ESR Bruker ESP 380 system
ばく露装置の詳細 samples in glass micropipette inserted in a 3 mm quartz tube which was placed in the cavity of the ESP system
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 9 W minimum - - -
電力 300 W maximum - - -
SAR 0.5 W/kg - 測定値および計算値 - at 9 W
SAR 1 W/kg - 測定値および計算値 - at 18 W
SAR 2 W/kg - 測定値および計算値 - at 37 W
SAR 4 W/kg - 測定値および計算値 - at 75 W
SAR 8 W/kg - 測定値および計算値 - at 150 W
SAR 16 W/kg - 測定値および計算値 - at 300 W

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed, in a yeast model, an increase of free radical formation under radiofrequency electromagnetic field exposure, not only under thermal condition, but also for low power density exposure. Reactive oxygen species formation was sufficient to induce lipid peroxidation and membrane fluidity modifications. However, no effect on the yeast viability was found.

研究の種別:

研究助成

関連論文