研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[電磁界への職業ばく露、白血病、脳腫瘍:2つのメタ分析の最新版] epidem.

Occupational electromagnetic fields and leukemia and brain cancer: an update to two meta-analyses.

掲載誌: J Occup Environ Med 2008; 50 (6): 677-688

【目的】本研究は、職業上の電磁界(EMF)ばく露成人脳腫瘍成人白血病について、過去のメタ分析を最新のものにする目的で行われた。【方法】1993~2007年に発表された関連文献をすべて集め、評価した。要約評価は様々な重み付けスキームを使用して得られた。不均一な発生源を探るため、研究特徴が回帰分析を使って評価された。【結果】全体的に新しい研究では、脳腫瘍白血病はいずれもリスク評価では小さな上昇にとどまり、脳腫瘍は10%、白血病は13%だった。統合されたリスク評価は過去のメタ分析より著しく低く、また白血病亜類型では過去と現在のメタ分析を比較した場合、一貫したパターンを示さなかった。【結論】EMFばく露とアウトカムリスクの明確なパターンの欠如によって、このようなばく露が確認されたリスク上昇に関係するという仮説を裏付けることはできなかった。結果は、仮説、影響力を持つ研究、重み付けスキーム、出版バイアス、研究特徴、資金源に対して敏感ではなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文