研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アルカリホスファターゼ活性および抗原-抗体相互作用に対する100GHz放射の影響] med./bio.

Effects of 100 GHz radiation on alkaline phosphatase activity and antigen-antibody interaction.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (3): 167-175

この研究は、2つの定義された分子相互作用に対する低周波THz(100 GHz;テラヘルツ帯は100 GHzから20 THzの範囲と定義されている)照射の効果を調べた。1つは、可溶性または固定化された子牛のアルカリホスファターゼ基質p-ニトロフェニルリン酸との相互作用、もう1つは、抗体(マウスモノクローナル抗DNP)とその抗原(DNP)との相互作用である。その結果、基質の添加前または酵素反応中のいずれかのタイミングで酵素をTHz照射すると、酵素活性がわずかではあるが有意に低下した;予め酵素がプラスチック製マイクロウェル固定化されていた場合、照射の有無による差は観察されなかった;固定化された抗原がTHz照射を受けた場合、抗原抗体と相互作用する能力に影響はなかった;ただし、THz照射は事前に形成されていた抗原抗体複合体の安定性を低下させるように見えた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of irradiation in the low frequency THz range (100 GHz) on two defined molecular interactions:
1) The interaction of soluble or immobilized alkaline phosphatase with the substrate p-nitrophenylphosphate and
2) the interaction between an antibody (mouse monoclonal anti-DNP) and its antigen (DNP).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 100 GHz
ばく露時間: continuous for 1 h or 2 h
exposure of AP
  • 電力密度: 0.08 W/m² (at the bottom of the microplate)
ばく露2: 100 GHz
ばく露時間: continuous for 1.5 h
exposure of antigen and antibody
  • 電力密度: 0.08 W/m² (at the bottom of the microplate)

ばく露1

主たる特性
周波数 100 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h or 2 h
Additional information exposure of AP
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 microplate with enzyme and substrate placed at the end of the waveguide tube inside an incubator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.08 W/m² - 測定値 - at the bottom of the microplate

ばく露2

主たる特性
周波数 100 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1.5 h
Additional information exposure of antigen and antibody
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.08 W/m² - 測定値 - at the bottom of the microplate

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposure of enzyme either prior to addition of substrate or during the enzymatic reaction resulted in small but significant reductions in enzyme activity. These differences were not found if the enzyme had previously been immobilized onto plastic micro-wells.
Irradiation of immobilized antigen did not influence the ability of the antigen to interact with antibody. However, irradiation appeared to decrease the stability of previously formed antigen-antibody complexes.
The data suggest that 100 GHz exposure can induce small but statistically significant alterations in the characteristics of these two types of biomolecular interactions.

研究の種別:

研究助成

関連論文