研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[急性携帯電話ばく露は機能的近赤外分光法による前頭皮質血行動態に影響を与える] med./bio.

Acute mobile phones exposure affects frontal cortex hemodynamics as evidenced by functional near-infrared spectroscopy.

掲載誌: J Cereb Blood Flow Metab 2009; 29 (5): 903-910

【目的】機能的近赤外スペクトロスコピー(fNIRS)を用いて、携帯電話放射するGSM信号への急性ばく露(40分間)により引き起こされる大脳皮質前頭部の血中酸素化への影響を評価すること。【方法】交差無作為二重盲検法の形式を整えた後、健康なボランティア11人に2つのセッション(真のばく露および擬似ばく露)を実施した。ベースラインデータ記録10分、ばく露40分、回復期10分とした。評価項目は、前頭部血行動態の他に、心拍数、主観的および客観的覚醒度、主観的症状の自己評価である。【結果】fNIRSが示したGSM信号のわずかな影響は、真のばく露条件において、脱酸素ヘモグロビン濃度が時間に対して直線的に上昇したことであった(F4, 40 = 2.67; P = 0.04)。その他にはGSMに関係した変化はなかった。【結論】fNIRSは、携帯電話ばく露実験において皮質活動の安全な無侵襲測定法として有用である。今回見られた短期的影響については、前頭部をより広く検査できるマルチチャンネル機器を用いて、大きなサンプルサイズで確認する必要がある。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of an acute exposure to a GSM mobile phone signal on the hemodynamics (oxygenation) of the frontal cortex in eleven healthy volunteers.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 902.4 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 40 min

ばく露1

主たる特性
周波数 902.4 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 40 min
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 phone held in the classic phoning position 1.5 cm from the left ear by a wooden construction; another phone which was turned off was positioned in the same way on the right side of the subject's head
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak - - -
SAR 5 W/g - 測定値 partial body head

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed a slight influence of the GSM signal on the frontal cortex, with a linear increase in deoxyhemoglobin as a function of time indicating a local enhancement of oxygen consumption (as measured by functional near-infrared spectroscopy). No other parameter showed any GSM exposure-dependent changes. These findings suggest that functional near-infrared spectroscopy is a convenient tool for safely and non-invasively investigating the cortical activation in mobile phone exposure experimental settings. The results should be confirmed on a larger sample size.

研究の種別:

研究助成

関連論文