研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ミリ波放射に対する巨大リン脂質小胞の反応] med./bio.

The response of giant phospholipid vesicles to millimeter waves radiation.

掲載誌: Biochim Biophys Acta Biomembr 2009; 1788 (7): 1497-1507

この研究は、53.37GHzのミリ波MMW)低強度のばく露と巨大小胞との相互作用について、実験的に検討した。MMWばく露を受けた小胞を直接、光学的に観察することにより、小胞の応答をリアルタイムで監視することができた。結果として、小胞の物理的変化、すなわち伸長、蛍光色素di-8-ANEPPS拡散誘導、および小胞間の引力の増加が観察された;これらの影響は可逆的であり、MMWばく露中においてのみ生じた;これは、影響の「スイッチオン」に必要とする時間が短いことを示す;平均温度変化は非常に小さかったため、影響は熱メカニズムに起因するものではないと考えられる;MMWと脂質膜との相互作用により、荷電双極子残基が存在する膜-水界面での変化が生じるという仮説を提案する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of low-intensity millimeter waves at 53.37 GHz (considered as "therapeutic" frequency) on membrane model systems (giant vesicles).

詳細情報

Giant vesicles have a size in the micrometer range, i.e. are of cell-size, and could reflect the membrane properties and "behavior" that occur in the cell membrane.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 53.37 GHz
ばく露時間: 30 s, 1 min, 2 min or 4 min

ばく露1

主たる特性
周波数 53.37 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 30 s, 1 min, 2 min or 4 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 8 cm
ばく露装置の詳細 conocal horn antenna fixed above the samples so that the incident angle of the radiation was 45°
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 39 mW - - - -
電界強度 20 V/m - 測定値 - +/- 10 %
SAR 0.1 W/kg minimum 計算値 - -
SAR 0.5 W/kg maximum 計算値 - -
電力密度 0.1 mW/cm² - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed physical changes of vesicles, i.e. elongation, induced diffusion of the fluorescent dye, and increased attractions between vesicles. These effects were reversible and occured only during irradiation. Since the average temperature change was very small the effects can not be attributed to thermal mechanisms.
The authors assume that the interaction of millimeter waves with lipid bilayer leads to changes at the membrane-water interface, where charged and dipolar residues of molecules are located.

研究の種別:

研究助成

関連論文