研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[50Hz正弦波磁界のばく露を受けたMNU誘発性大腸腫瘍モデルラットにおけるEカドヘリン発現の変動] med./bio.

Variable E-cadherin expression in a MNU-induced colon tumor model in rats which exposed with 50 Hz frequency sinusoidal magnetic field.

掲載誌: Tohoku J Exp Med 2002; 198 (4): 245-249

この研究は、MNU(N-メチル-N-ニトロソウレア)誘発結腸腫瘍モデルでのE-カドヘリン発現に対する正弦波電磁界SMF)の影響を調べた。細胞接着因子E-カドヘリン系の不活性化は、多段階発がんにおいて重要な役割を持つ。オスのウィスターアルビノラットを4群に分けた。I(MNU)、II(MNU + SMF)、III(SMF)、IV(対照)である。I、II群にはMNU 投与を行い、その後、II、III群はSMF(50 Hz、5 mT)ばく露を6時間/日で8か月間継続して受けた。4つの群について、ラット結腸組織でのE-カドヘリン発現パラフィン切片で免疫組織化学的に測定した。免疫組織化学的分析では、Vectastain Universal Quick Kitを用いた標識ストレプトアビジンビオチン法をを実施した。フィッシャーの直接確率検定により比率間の統計分析を行った。その結果、E-カドヘリン発現免疫組織化学的分析で、細胞質での発現パターンに実験群間の有意差が見られた;この知見は、電磁界細胞接着メカニズムに有意な変化をもたらす可能性を示唆している、と報告している。

研究目的(著者による)

結腸腫瘍におけるE-カドヘリン発現に対する、50Hz磁界へのラット慢性的な全身ばく露の影響を調べること。

詳細情報

E-カドヘリンは、細胞の接着にとって重要な細胞膜中のタンパク質である。E-カドヘリン発現の減少は、腫瘍細胞の転移形成の増加に関連している。N-メチル-N-ニトロソ尿素直腸投与によって、結腸腫瘍の形成を誘発した。ラット30匹を以下の4群に分けた:1) N-メチル-N-ニトロソ尿素のみ(n=10)、2) N-メチル-N-ニトロソ尿素磁界(n=10)、3) 磁界のみ(n=5)、4) 対照(n=5)

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 6 h/day for 8 months

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 6 h/day for 8 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 the rats were housed in fives per polycarbonate cage
ばく露装置の詳細 twelve serially connected solenoids with an iron core and 860 turns of copper wire each
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 5 mT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

核でのE-カドヘリン発現率には、群間で統計的有意差は見られなかった。但し、グループ1(N-メチル-N-ニトロソ尿素のみ)では、グループ3(磁界のみ)と比較して、細胞質のE-カドヘリンの有意に高い発現率が見られた(EMF-Portal注記:組織学的分析の結果は示されていない)。

著者らは、5mTの50Hz磁界へのラット慢性ばく露は、結腸での細胞質のE-カドヘリン発現有意な変化を生じる、と結論付けている。

研究の種別:

研究助成

関連論文