研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[リンゴマイマイの神経系でのリン酸代謝に対する交流磁界の影響] med./bio.

Effect of alternating the magnetic field on phosphate metabolism in the nervous system of Helix pomatia.

掲載誌: Biol Res 2010; 43 (2): 243-250

研究目的(著者による)

カタツムリ Helix pomatia神経系に対する超低周波磁界の影響を調べること。

詳細情報

31P NMR分光法でカタツムリ20匹をばく露(10匹を7日間、10匹を16日間)し、8匹を7日間偽ばく露した。生化学分析のため、3匹を7日間、4匹を16日間ばく露した(対照群は5匹)。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 7 or 16 days
  • 磁束密度: 0.5 mT average over time (at the middle of the box)

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 7 or 16 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 20 cm
ばく露装置の詳細 solenoid with a regular laminated transformer core and pole dimensions of 9.5 cm x 9.5 cm used as electromagnet; snails were placed in a 26 cm x 43 cm x 15 cm polycarbonate box in front of the magnet
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.5 mT average over time 測定値 - at the middle of the box

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

超低周波磁界へのカタツムリの7日間のばく露は、細胞内pHをよりアルカリ条件にシフトさせ、リン代謝回転に関与する調査対象の酵素の活性を高めた。16日間の長期ばく露は、7日間ばく露と比較して、クレアチンリン酸及びATPのレベル低下、ならびに酵素活性の低下を生じた。

著者らは、7日間の超低周波磁界ばく露は、カタツムリの神経系での全体的なリン代謝回転を増加させたが、長期ばく露後のリン代謝ばく露適応する、と結論付けている。

研究の種別:

研究助成

関連論文