研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[磁界のない条件下で飼育されたキイロショウジョウバエのサナギの細胞性転写に対する低周波電磁界の影響の観察] med./bio.

Observations on the effects of low frequency electromagnetic fields on cellular transcription in Drosophila larvae reared in field-free conditions.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1999; 20 (2): 129-131

この研究は、磁界強度0.004 μTのマイクロメタルボックス内で飼育されたショウジョウバエの幼虫に、50 Hz、8 μTの磁界ばく露を20分間与え、その影響を調べた。対照は、0.004 μTの体験だけした。 細胞転写物レベルをスロットブロット法で評価し、放射性同位体測定システムを用いて定量した。ブロットは、HSP70a、Histone1.9およびCopiaに対するプローブを用いてハイブリダイズさせた。その結果、低周波磁界ばく露は、転写産物レベルを非常に有意に低下させた;実験前のばく露の有無が、ばく露応答に影響する可能性が示された、と報告している。

研究目的(著者による)

Drosophila melanogasterキイロショウジョウバエ)のサナギにおける転写レベルに対する低周波電磁界の影響を評価すること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 20 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 20 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 A µ-metal box placed inside a 22°C incubator.
ばく露装置の詳細 Larvae divided between two petri dishes placed between a pair of Helmholtz coils inside the µ-metal box.
Additional information Coils were switched off for the control group.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 8 µT effective value 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

低周波電磁界へのばく露は、Drosophila melanogaster における ヒストン1.9、熱ショックタンパク質70及びコピアの転写レベルを有意に減少させた。

研究の種別:

研究助成

関連論文