[ヒト細胞への低周波電磁界ばく露は転写に量的変化をもたらす] med./bio.

Exposure of human cells to low-frequency electromagnetic fields results in quantitative changes in transcripts.

掲載誌: Biochimica et Biophysica Acta - Gene Structure and Expression 1989; 1009 (3): 216-220
Journal partially peer-reviewed/unclear

<目的> ヒトリンパ球培養細胞HL-60に対する5種類のパターンのELF電磁界の影響をアクチンヒストンH2B及びc-mycDNAの合成が増加するか否かについて検討する. <方法> 図1に示すような波形電磁界を20分間曝露する.RNA転写の変化はドットプロットハイブリデェゼーション(Dot blots hybridization)により測定. <結果および結論> 図2に示すような結果が得られた.(1) E-33(図1)のパターン以外の曝露でアクチンヒストン H2B,c-mycの成分のいずれもが有意に増加した.(2) 対称的な波形(CW60, CW72)において転写増加が最大の値を示した.(3) しかし,どの成分が特異的に有効なのかは決められなかった.

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文