[低周波正弦波電磁界への細胞のばく露後のc-mycとヒストンH2Bのレベルの変化:ウインドウ効果の証拠] med./bio.

Changes in levels of c-myc and histone H2B following exposure of cells to low-frequency sinusoidal electromagnetic fields: evidence for a window effect.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1990; 11 (4): 269-272

ヒトHL-6を細胞を0.2-2.3 mTの磁界、15-150Hzの周波数に20分間、ばく露させた。各ばく露にc-mycとヒストンH2B転写のレベルをドットブロットハイブリッド法で分析し、その結果を対照群と比較した。45Hzにばく露後、対照の4倍ほどの転写に大きな増加があった。

ばく露

この論文に対するコメント

関連論文