研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話使用者の唾液の酸化/坑酸化状態の評価] med./bio.

Assessment of oxidant/antioxidant status in saliva of cell phone users.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2014; 33 (2): 92-97

この研究は、携帯電話使用者の唾液酸化/坑酸化状態を評価した。唾液試料は、12人の被験者から、携帯電話使用前、15分の通話終了時、30分の通話終了時に採取した。酸化ストレスについては、マロンジアルデヒドMDA)および8-オクソ-7,8-ジハイドロ-20-デオキシグアノシン(8-Oxo-dG)を、唾液の抗酸化能については、酸素ラジカル吸収能(ORAC)およびヒドロキシルラジカル消去能(HORAC)を測定した。その結果、8-Oxo-dGは通話15分試料で最も高かった;HORAC、ORAC、MDAは通話15分試料でやや増加、通話30分試料で最も高かった;8-OxodGおよびMDAに対する通話時間の影響は有意でなかった;ORAC、HORACに対する通話時間の影響は有意でなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the oxidative stress level in saliva of cell phone users.

詳細情報

Twelve male volunteers participated in the study. Saliva samples were taken before, during (after 15 minutes) and after a 30 minutes cell phone call.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,800 MHz
ばく露時間: continuous for 30 minutes
  • SAR: 1.09 W/kg

ばく露1

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 minutes
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • Nokia C3-00 (RM-614)
ばく露装置の詳細 phone was in connection with a 1800 MHz Umniah Jordanian network; cell phone with a dimension of 13.6 x 115.5 x 58.1 mm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.09 W/kg - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant differences in the examined parameters were observed before and after the cell phone call.
The authors conclude that a radiofrequency field emitted by a cell phone does not change the oxidant/antioxidant profile in the human saliva.

研究の種別:

研究助成

関連論文