研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[唾液中のコルチゾール、αアミラーゼ、および免疫グロブリンAに対するGSM携帯電話基地局信号へのばく露の影響] med./bio.

Effects of Exposure to GSM Mobile Phone Base Station Signals on Salivary Cortisol, Alpha-Amylase, and Immunoglobulin A.

掲載誌: Biomed Environ Sci 2010; 23 (3): 199-207

この研究は、ヒトボランティア実験で、携帯電話基地局からの無線周波電磁界RF-EMF)へのばく露唾液中のα-アミラーゼ免疫グロブリンAIgA)、およびコルチゾールのレベルに影響を与えるか否かを調べた。被験者57人は、3つの異なる実験シナリオの1つに無作為に割り当てられた。シナリオ1(n = 22)、シナリオ2(n = 26)、シナリオ3(n = 9)であった。それぞれのシナリオにおいて、被験者は50分間のばく露セッションを5回受けた。主なRF-EMFばく露源は、建物の外壁にあるGSM-900 MHzアンテナであった。シナリオ1および2では、1、3、5番目のセッションが「低」(電力密度中央値5.2 μW / m2)であり、シナリオ1では、2番目が「高」(2126.8 μW / m2)、4番目が「中」(153.6 μW / m2)、シナリオ2ではその逆とした。シナリオ3では「低」セッション4回の後、最後を「高」とした。1セッション毎に3回、唾液サンプルを収集した。ばく露レベルはシールドカーテンにより調整された。その結果、シナリオ3のセッション4(「低」)に比べセッション5(「高」)でコルチゾールの増加が検出された;シナリオ1および2では、シナリオ3の場合と比べ、α-アミラーゼ濃度のベースライン値からの上昇が大きくなった;IgA濃度はばく露と有意に関連しなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To test whether exposure to radiofrequency electromagnetic fields emitted by mobile phone base stations may have effects on salivary alpha-amylase, immunoglobulin A, and cortisol levels in human subjects.

詳細情報

57 participants (35 females) were randomly allocated to one of three different experimental scenarios (22 participants to scenario 1, 26 to scenario 2, and 9 to scenario 3; for further information see exposure details). In every session saliva samples were taken after 10, 25, and 45 minutes for biochemical analyses.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: five times 50 minutes (five sessions)

General information

Test persons were divided into three groups and exposed in three different scenarios of five sessions each: Scenario1: low exposure, high exposure, low exposure, medium exposure, low exposure Scenario2: low exposure, medium exposure, low exposure, high exposure, low exposure Scenario3: low exposure, low exposure, low exposure, low exposure, high exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 five times 50 minutes (five sessions)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 基地トランシーバ局
  • micro-cell omni antenna
Distance between exposed object and exposure source 6 m
ばく露装置の詳細 antenna mounted on the outer wall of the building; further GSM-900 and GSM-1800 base stations in the area; different exposure levels gained by the use of shielding curtains; wall painted with shielding paint except for the exposure area
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 5.2 µW/m² - 測定値 - low exposure
電力密度 153.6 µW/m² - 測定値 - medium exposure
電力密度 2,126.8 µW/m² - 測定値 - high exposure

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

In scenario 3 from session 4 to session 5 (from "low" to "high" exposure), a significant increase of cortisol was detected, while in scenarios 1 and 2 (sessions 2-4), a higher concentration of alpha-amylase was observed as compared to that in scenario 3. Immunoglobulin A concentration was not significantly related to the exposure.
The authors conclude that radiofrequency electromagnetic fields in considerably lower power flux densities than ICNIRP-guidelines may influence certain psychobiological stress markers.

研究の種別:

研究助成

関連論文