研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[骨折治癒に対する携帯電話からの1800MHz電磁放射の影響] med./bio.

Effect of 1800 MHz Electromagnetic Radiation Emitted from Cellular Phones on Fracture Healing.

掲載誌: Arch Med Res 2014; 45 (2): 125-131

この研究は、1800 MHzの電磁放射(EMR)が骨折の治癒に影響を与えるか否かを調べた。30匹のウィスターアルビノラット対照群ばく露群に等分した。すべてのラットの右脛骨に骨折を生じさせ、続いて、Kワイヤによる骨髄固定を行った。対照群は、EMRばく露がないことを除いて同じ実験条件下に保たれた。EMRばく露群は、1800 MHzのEMRばく露を、1日30分間、週5日で8週間受けた。脛骨骨折の治癒を評価するために、放射線学的、機械的、および組織学的検査を行った。その結果、放射線学的、組織学的および機械的スコアに、ばく露群と対照群の間で有意差はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of 1800 MHz frequency electromagnetic fields on bone healing.

詳細情報

30 rats were divided into two equal groups. Fractures were created in the right tibia of all rats (broken by finger pressure); fixations with K-wire were performed. 7 rats from the exposure group and 6 rats from the control group were excluded from the study due to "bad" fractures, animal death or not analyzable histological slices.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,800 MHz
ばく露時間: 30 min a day, 5 days a week, 8 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min a day, 5 days a week, 8 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 5 mm
チャンバの詳細 rats were exposed in a PVC-restrainer put on the dipole antenna
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.008 W/kg - 計算値 whole body -
電力密度 1.04 mW/cm² - 計算値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Radiological, histological and mechanical parameters were not significantly different between the groups. Electromagnetic fields of 1800 MHz have no effect on bone fracture healing.

研究の種別:

研究助成

関連論文