研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[腸骨翼の骨密度に対する900-1800MHzの無線周波電磁波が誘導する電磁界の影響] med./bio.

Effect of electromagnetic field induced by radio frequency waves at 900 to 1800 MHz on bone mineral density of iliac bone wings.

掲載誌: J Craniofac Surg 2009; 20 (5): 1556-1560

この研究は、900 – 1800 MHzの周波数で動作する携帯電話からの電磁放射が、携帯電話を保持する際に最もよく使われる身体部位であるヒト腸骨の骨翼の骨塩密度に及ぼす影響を調べた。男性ボランティア150人(平均年齢31.85歳、範囲21 - 57歳)がこの研究に参加した。全参加者のうち、122人が右腸骨翼に携帯電話を保持し、28人は左腸骨翼に保持していた。1日の平均携行時間は14.7時間(範囲12 - 20時間)であり、携帯電話平均使用期間は6.2年(範囲4 - 9年)であった。携行側の腸骨翼をばく露側、反対側の腸骨翼を非ばく露側とした。すべての参加者の右腸骨翼と左腸骨翼のミネラル骨密度二重エネルギーX線吸収測定法で測定した。統計学的分析には、SPSS 15ソフトウェアを使用し、ばく露側と非ばく露側の比較については、スチューデントのt検定を行った。その結果、ばく露側の平均の二重エネルギーX線吸収測定値は、非ばく露側の値よりもわずかに低かったが、両群間に有意差はなかった;さらに、ばく露側の平均値は、骨粗鬆症または骨粗鬆症の症例で測定された値ほど低くはなかった;以上のデータから、腸骨を移植に用いる場合に携帯電話使用を考慮することは、より好ましい移植結果のために重要な要件であるかも知れないことを示唆する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of electromagnetic fields emitted from mobile phones (900 to 1800 MHz) on the bone mineral density of the human iliac bone wings (part of hip bone), which are the most common carriage sites for cellular phones.

詳細情報

A total of 150 male volunteers were included (mean age was 31.85 years). The iliac bone wings of participants were separated into two groups: exposed side (group 1) and unexposed side (group 2). 122 of all volunteers were carrying their cell phones on their right iliac wings, whereas 28 were carrying their mobile phones on their left iliac wings. The mean daily carriage duration was 14.7 hours, and the mean duration for cellular phone use was 6.2 years.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900–1,800 MHz
ばく露時間: 14.7 h/ day for 6.2 years (mean value)
-

ばく露1

主たる特性
周波数 900–1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 14.7 h/ day for 6.2 years (mean value)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 phone carried on the iliac bone wing
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The values of bone mineral density of group 1 were slightly lower than those from group 2, but there was no statistically significant difference between the groups. In addition, the mean values of group 1 were not as low as those measured in osteoporosis cases.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文