研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[携帯電話使用と勃起機能] med./bio.

Cell phone usage and erectile function.

掲載誌: Cent European J Urol 2013; 66 (1): 75-77

この研究は、勃起不全(ED)の訴え(6ヶ月以内)がある20人の男性(A群;平均年齢48.6才)と健康な男性10人(B群;平均年齢50.1才)を対象に、一般臨床検査(血清中の総テストステロン(TT)濃度を含む)、国際勃起機能スコア(IIEF)評価のための問診票(独語版SHIM)調査、携帯電話使用に関する質問票調査を行った。その結果、A群とB群には、年齢、体重、身長、TT濃度の有意差はなかった;SHIMスコアは、B群に比べA群では有意に低かった;1週間当たりの携帯電話通話時間は、B群に比べA群では長かったが、有意ではなかった;電源を入れたまま携帯電話を持ち歩く時間は、B群に比べA群では有意に長かった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To report the author's experience concerning the effects of cell phone usage on erectile function in men.

詳細情報

20 men complaining of erectile dysfunction for at least six months (Group A), and another group of 10 healthy men with no complaints (Group B) were recruited.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Total time spent talking on the cell phone per week was not significantly higher in Group A than in Group B. Men with erectile dysfunction were found to carry their "switched on" cell phones for a significantly longer time than those without erectile dysfunction.
A potential correlation with cell phone usage and a negative impact on erectile dysfunction was found. Further large-scale studies are recommended.

研究の種別:

研究助成

関連論文