研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[携帯電話使用が男性生殖能力に及ぼす影響の評価] med./bio.

Evaluation of the effect of using mobile phones on male fertility.

掲載誌: Ann Agric Environ Med 2007; 14 (1): 169-172

【背景】子供がない問題は、ポーランドの既婚カップルの約15%が関わる現象である。不妊症例の半分で原因は男性にある。男性が曝される様々な環境的因子のなかには、生殖能力を劣化させる可能性があるものがある。男性の生殖能力の減少は、ここ数年で起きた現象であり、そのため、精液パラメータの減少の原因の一つは周辺環境での技術開発の影響であると示唆される。男性生殖能力への重大な影響は、精子の構造の他、精子細胞数減少、精子運動能力障害によって明らかになることが多い。原因となる要因は、化学物質、電離放射線ストレスの他、電磁界にも可能性がある。目的:不妊治療中の男性の生殖能力に対する携帯電話使用の影響を明らかにすること。【方法】 調査対象となった304人の男性は、グループA(携帯電話を使用したことのない99人)、グループB(GSM機器を1~2年の間、散発的に使用してきた157人)、グループC(携帯電話を2年以上にわたり通常的に使ってきた48人)に選別された。【結果】精液に対するGSM機器の影響の分析において、精子細胞の形態異常の割合増加が、GSM電話放射電磁界へのばく露時間と関連することが注目された。精液中の運動性の高い精子細胞の割合の減少が、携帯電話の周波数と相関することも確認された。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

This in vivo study was performed to determine effects of the usage of cellular phones on the fertility of men.

詳細情報

In a period of about 2 years the semen of 304 men undergoing infertility therapy and without clinical signs of reproductive organ pathologies was examined. The patients were divided into three groups concerning their mobile phone use: group A (99 men): no mobile phone use, group B (157 men): sporadically mobile phone use for the period of 1-2 years, and group C (48 men): regular mobile phone use for more than 2 years. Additionally, place of residence, age, smoking habit, and occupation were considered.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Lower percentages in sperm motility of category A (over 50% of the sperm show motility) were found in groups B and C compared to group A. The highest number of normal sperm (higher than 30 %) was observed in group A and the lowest in group C. No statistically significant differences were noticed in the semen concentration.

研究の種別:

研究助成

関連論文