研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[不妊症治療に通う男性における携帯電話使用の影響:観察研究] med./bio.

Effect of cell phone usage on semen analysis in men attending infertility clinic: an observational study.

掲載誌: Fertil Steril 2008; 89 (1): 124-128

【目的】精液品質の様々な指標に関して、セル方式携帯電話を使用した際の影響を研究すること。 デザイン :観察研究。 環境 :不妊クリニック。 患者 :不妊診断を経験した361人の男性を携帯電話の使用頻度によって4つのグループに分ける。A:未使用、B:1日2時間、C:1日2~4時間、D:1日4時間以上。 診療行為 :なし。 主アウトカム評価基準:精液パラメーター(量、液状化時間、pH、粘性、精子数、運動性生存能力、形態) 成り行き :4つの携帯電話使用者グループにおいて、平均精子数、運動性生存能力、正常形態を比較することは統計的に重要であった。平均精子運動性生存能力、正常形態は、2つの精子数グループ内の携帯電話使用者グループにおいて著しく異なった。上記の4つの精液パラメーターの実験測定値は、携帯電話の日々の照射期間が増加するにつれて、4つの携帯電話使用者グループのすべてにおいて減少した。【結論】携帯電話の使用は、精子数、運動性生存能力、正常形態の低下を招き、精液の質を低下させる。精液パラメーターの減少は、携帯電話の日々の照射の期間に依存していて、最初の精液の質とは無関係である。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess the effects of cell phone use on various sperm parameters among patients undergoing infertility evaluation at a male infertility clinic.

詳細情報

361 men were divided into four groups according to their cell phone use: group 1: no use; group 2: <2 h/day; group 3: 2-4 h/day; and group 4: >4 h/day.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The use of mobile phones decreased the semen quality in men by decreasing the sperm count, sperm motility, viability, and the percentage of sperms with normal morphology. The decrease in sperm parameters was dependent on the duration of daily exposure to mobile phones.

研究の種別:

研究助成

関連論文