研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[血小板酸素代謝に対する多様なパラメータをもつ電磁放射の影響:イン・ビトロ研究] med./bio.

The impact of electromagnetic radiation of different parameters on platelet oxygen metabolism - in vitro studies.

掲載誌: Adv Clin Exp Med 2015; 24 (1): 31-35

この研究は、血小板懸濁液(濃度1 × 109/0.001dm3)に、自動車の電子機器(1kHz, 0.5mT)、理学療法装置(50Hz, 10mT)、LCDモニタ(1kHz, 220V/m)の電磁界を実験的に再構成した放射電磁界の30分間のばく露を与え、懸濁液カタラーゼ活性およびマロンジアルデヒド濃度を、ばく露群と無ばく露群で比較した。その結果、発生源の種類に拘わらず、ばく露群ではカタラーゼ活性およびマロンジアルデヒド濃度の上昇が見られた;最も有意差が大きかったのは自動車の電子機器の電磁界の場合であった、と報告している。"

研究目的(著者による)

ヒト血小板における酸化ストレスに対する50 Hzまたは1 kHzの磁界、あるいは1 kHz電界のいずれかへのばく露の影響を調べること。

詳細情報

細胞は3群に分けられた: 1) 1 kHz磁界(自動車の電子機器の代理として)へのばく露、 2) 50 kHz磁界理学療法装置の代理として)へのばく露、3) 1 kHz電界(LCDモニタの代理として)。それぞれのばく露群に対して、別個の対照群がテストされた。

36個のばく露および対照の試料が、2つの検査(カタラーゼ酵素活性および細胞膜脂質過酸化)のそれぞれにおいて用いられた。(EMF-Portalによる注記:各群のサイズは明記されていない。)

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1 kHz
ばく露時間: continuous for 30 minutes
magnetic field
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 30 minutes
magnetic field
ばく露3: 1 kHz
ばく露時間: continuous for 30 minutes
electric field

ばく露1

主たる特性
周波数 1 kHz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 30 minutes
Additional information magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 polyethylene tubes
ばく露装置の詳細 coils were positioned over and under a plastic support in which 8 polyethylene tubes containing the tested suspensions were inserted into holes; field had a uniform course
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.5 mT - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 30 minutes
Additional information magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 polyethylene tubes
ばく露装置の詳細 coils were positioned over and under a plastic support in which 8 polyethylene tubes containing the tested suspensions were inserted into holes; field had a uniform course
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 mT - - - -

ばく露3

主たる特性
周波数 1 kHz
タイプ
  • electric field
ばく露時間 continuous for 30 minutes
Additional information electric field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • flat capacitor made of 2 circular copper plates
チャンバの詳細 polyethylene tubes
ばく露装置の詳細 copper plates were positioned over and under a plastic support, respectively, in which 8 polyethylene tubes containing the tested suspensions were inserted into holes
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 220 V/m - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

EMF-Portalによる注記:論文における結果の有意性に関する全ての記述は、統計学有意性として明記されていなかった。結果のp値も記されていない。)

全ての実験群で、それらの対照群に比べ、カタラーゼ酵素活性有意な上昇が見られた。最も高い有意性が見られたのは第1群(1 kHz磁界:自動車の電子機器を代表する)であった。

同様に、全ての実験群で、それらの対照群に比べ、脂質過酸化が上昇した。これについても、第1群で最も大きな上昇が見られ、有意性があった。

著者らは、ヒト血小板の50 Hz または1 kHzの磁界、あるいは1 kHzの電界のいずれへのばく露も、酸化ストレスを引き起こす可能性があり、1 kHzの磁界が最も大きな影響を持つかも知れない、と結論している。

研究の種別:

研究助成

関連論文