研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの中枢神経系、末梢神経系、自律神経系に対する50Hz磁界の短期ばく露の影響の研究] med./bio.

Investigation of effects of short-term exposure to 50 HZ magnetic field on central, peripheral, and autonomic nervous systems in rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2015; 36 (6): 420-429

この研究は、ウィスターアルビノラット中枢神経系末梢神経系自律神経系に対する50Hz磁界(0.3mT)の短期ばく露の影響を、脳電図(EEG)、神経伝導速度(NCV)、心拍変動(HRV)により調べた。結果として、EEG、NCV、HRVへの影響は観察されなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

ラットおよび単離された坐骨神経神経機能に対する50 Hz磁界への急性ばく露の影響を調べること。

詳細情報

合計40匹のラットが用いられた。イン・ビボ試験に20匹、イン・ビトロ試験のために坐骨神経を単離するために20匹が用いられた。したがって、ラットは4群(各n=10)に分けられた:1) ばく露されたラット、2) 擬似ばく露されたラット、3) ばく露された坐骨神経、4) 擬似ばく露された坐骨神経
イン・ビボ試験では、ラットは麻酔され、その20分後から2分間の磁界ばく露が実施された。ラットの検査は、磁界ばく露の2分前、ばく露中の2分間、ばく露終了から2分後に行った。イン・ビトロ試験では、単離された坐骨神経磁界への30秒間のばく露の後に検査された。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 2 minutes
rats
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 30 seconds
nerves

General information

maximum environmental magnetic flux density was 1 µT and maximum environmental electric field intensity was 1 V/m; maximum voltage was 10 V

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 2 minutes
Additional information rats
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 rats were fixed on a plastic plate
ばく露装置の詳細 two 500-turn coils with inner diameter of 18.6 cm and outer diameter of 22.1 cm were placed parallel to each other at a distance of 2.35 cm (?) (remark EMF-Portal: probably more); the plastic plate was placed between the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.3 mT - 測定値 - ± 0.002 mT

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 30 seconds
Additional information nerves
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 nerves were placed in cell chamber on plastic plate
ばく露装置の詳細 two 500-turn coils with inner diameter of 18.6 cm and outer diameter of 22.1 cm were placed parallel to each other at a distance of 2.35 cm (?) (remark EMF-Portal: probably more); the plastic plate was placed between the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.3 mT - 測定値 - ± 0.002 mT

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露したラット(実験群 1)または神経(実験群 3)とそれぞれの擬似ばく露群(実験群 2および4)との間で、どのパラメータにおいても有意差はなかった。

著者らは、研究結果からは、ラットおよび単離された坐骨神経への50 Hz 磁界ばく露神経機能への有害な影響が何も示されなかった;この問題に関する各文献の結果に一貫性がないため、さらなる研究が必要である、と結論している。

研究の種別:

研究助成

関連論文