研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[6000 MHzマイクロ波にばく露したラットにおける催奇形性の可能性の研究:その1 分娩時の形態学的分析] med./bio.

Studies of the teratogenic potential of exposure of rats to 6000 MHz microwave radiation. I. Morphologic analysis at term.

掲載誌: Radiat Res 1984; 97 (2): 272-281

この研究は、妊娠したWistar系アルビノラット(n = 36)を用い、全妊娠期間中、毎日の6000MHzマイクロ波ばく露電力密度35mW / cm 2)の影響を調べた。母ラットは無作為に4群に割り当てられた:ホームケージ対照群(n = 5)、無反響チャンバ対照群(n = 10)、擬似ばく露群(n = 10)、ばく露群(n = 11)。熱電対による直腸温測定では、ばく露は母体の体温を有意に上昇させなかった。妊娠22日目にすべての母ラットを屠殺し、組織を摘出して重量測定し、血液サンプルを採取した。得られた384の胎仔とその胎盤を個々に秤量し、固定し、解剖して正常性を判定した。奇形学的評価には、母体の体重および体重増加率、平均胎仔数、母体臓器重量および臓器重量/体重比、脳、肝臓腎臓および卵巣の体重比、母体末梢血パラメータ、吸収胚の数および発生率異常数および異常率、平均胎仔重量などが含まれた。その結果、ばく露群の胎仔は、妊娠期においてわずかではあるが有意な成長遅延を示した;妊娠期の母体単球数も有意に低下した;その他のパラメータは、対照群ばく露群との間で差がなかった、と報告している。った。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To establish a near maximum power density level of microwave irradiation at 6000 MHz which does not cause a significant increase in body temperature in the pregnant rat, and to study if protracted exposure to that power density level throughout pregnancy would result in embryopathic effects.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 6 GHz
ばく露時間: continuous through pregnancy (21 days)

General information

The rats (n=36) were randomly assigned to one of the 4 groups: Group 1: home cage control (n=5), Group 2: anechoic chamber control (n=10), Group 3: sham irradiated concurrent control (n=10) and Group 4: irradiated (n=11).

ばく露1

主たる特性
周波数 6 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous through pregnancy (21 days)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 2 m
ばく露装置の詳細 648 cubic feet anechoic chamber lined with absorbent material, horn antenna at the ceiling of the chamber connected to waveguide
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 35 mW/cm² - - - -
SAR 7.28 W/kg average over mass 計算値 whole body -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 脳/腫瘍
  • kidney, ovary, liver, blood
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Preliminary studies indicated that 35 mW/cm² at 6 GHz would be an appropriate power density level. Exposure for 5 hours to this level did not result in an increase in body temperature.
The exposed fetuses exhibited slight but statistically significant growth retardation at term. Maternal monocyte count was also significantly depressed. No other parameters differed between the control animals and the exposed animals.

研究の種別:

研究助成

関連論文