研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[915 MHzマイクロ波放射に出生前ばく露したラットの催奇形性研究] med./bio.

Teratologic studies of prenatal exposure of rats to 915 MHz microwave radiation.

掲載誌: Radiat Res 1982; 92 (1): 160-171

この研究は、妊娠したWistar系アルビノラットばく露群:n = 10、対照群:n = 29)を用い、915 MHzマイクロ波電力密度10mW / cm 2)の慢性ばく露による催奇形性活性の可能性を調べた。ばく露には、完全に特徴が明らかにされた無反響チャンバを用いた。ばく露群は、妊娠1日目から21日目まで、チャンバ内でばく露を受けた。実験に用いた電界強度は、別の20匹の妊娠ラットを用いた予備試験において、直腸温度上昇を引き起こさない最大レベルであることを確認した。妊娠22日目に動物を屠殺し、母体の脳、肝臓腎臓および卵巣を摘出、検査、秤量し、緩衝ホルマリン固定した。胎仔および胎盤を摘出、検査、秤量し、Bouin固定した。すべての胎児を、横切開により奇形検査した。その結果、母体の体重および体重増加、母体の臓器重量および臓器/体重の比率、吸収発生率異常率、平均期間、平均胎仔数、平均胎児重量に有意な変化は観察されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine if protracted exposure to 915 MHz microwave irradiation at a power density of 10 mW/cm² during rat gestation would cause changes in the growth and development of the rat fetus.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 915 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 6 h/day from day 1 to day 21 of gestation

ばく露1

主たる特性
周波数 915 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 6 h/day from day 1 to day 21 of gestation
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 800 cubic feet anechoic chamber with antenna in the ceiling, antenna rotating with 30 rpm, special plastic isolation cages
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 10 mW/cm² - 測定値 - -
SAR 3.57 W/kg average over mass 計算値 whole body -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant teratogenic activity was revealed due to chronic exposure of pregnant rats to 915 MHz microwave irradiation at a 10 mW/cm² power density.

研究の種別:

研究助成

関連論文