研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2450 MHzマイクロ波へ長期的にばく露した妊娠ラットにおける催奇形性の可能性の評価:その1 分娩時の形態学的分析] med./bio.

An evaluation of the teratogenic potential of protracted exposure of pregnant rats to 2450-MHz microwave radiation: I. Morphologic analysis at term.

掲載誌: J Toxicol Environ Health 1983; 11 (1): 23-35
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、ラットを用い、電力密度20 mW / cm 2のレベルでの2450 MHzマイクロ波への出生前の長期ばく露による影響を調べた。75匹の妊娠ラットを、ばく露群(n = 12)、擬似ばく露群(n = 4)、環境対照群(n = 59)に分けた。24匹のラットを用いた予備試験で、この電力密度レベルでは、熱電対による測定で母ラット直腸温有意な上昇が生じないことが示された。ばく露群は、全妊娠期間中、総計約270時間のばく露を受けた。毎日、ばく露前に、母体重量を記録した。出産予定日に動物を屠殺し、母体組織を摘出し、胎仔および胎盤の位置および体重を記録した。出産予定日の胎仔(n = 462)は、少なくとも3週間固定した後に解剖し、異常の有無を検査した。その結果、妊娠中の母体の体重増加、出産予定日の母体の臓器重量(脳、肝臓腎臓卵巣)および胎仔の体重、吸収発生率異常率に有意な変化は観察されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study if chronic exposure of pregnant rats to 2450 MHz microwave irradiation at a power density level that does not result in a significant increase in maternal body temperature is teratogenic.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 6 h/day during the whole pregnancy
  • 電力密度: 20 mW/cm² mean
  • SAR: 5.2 W/kg maximum (unspecified)
  • SAR: 3.6 W/kg minimum (unspecified)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 6 h/day during the whole pregnancy
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 20 mW/cm² mean 測定値 - -
SAR 5.2 W/kg maximum 推定値 unspecified -
SAR 3.6 W/kg minimum 推定値 unspecified -

Reference articles

  • Jensh RP et al. (1983): [2450 MHzマイクロ波へ長期的にばく露した妊娠ラットにおける催奇形性の可能性の評価:その2 出生後の心理生理学的評価]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 脳/腫瘍
  • liver, kidney, ovary
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant changes were found for the following parameters: maternal weight gain during pregnancy, maternal organ weights, term fetal weight, resorption rate, or abnormality rate. These data indicate that the protracted exposure of pregnant rats to 2450 MHz microwave irradiation at a power density level of 20 mW/cm² is not embryopathic.

研究の種別:

研究助成

関連論文