研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[精子DNAの損傷:ストレスおよび日常生活要因の影響] epidem.

Sperm DNA damage - the effect of stress and everyday life factors.

掲載誌: Int J Impot Res 2016; 28 (4): 148-154

この研究は、不妊クリニックを受診し、精子濃度が正常レベル(20-300×106/ml)またはやや低下レベル(15-20×106/ml:WHO:1999)(一般に15×106/ml以下を乏精子症と定義することが多い)であった男性286人に、インタビュー調査および精子試料提供を依頼し、日常生活およびストレスの要因が精子のDNA損傷と関連するか否かを調べた。精子試料は、フローサイトメトリによるクロマチン構造検査した。その結果、精子DNA損傷パラメータと日常生活要因の関連が示された;職業的ストレスの高レベル群および中レベル群では、それから年齢が高くなると、DNA断片化指数が上昇した;高 DNA染色性の未熟精子の割合(HDS指数)に関連したその他の日常生活要因は、肥満および携帯電話使用年数10年以上であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究の目的(著者による)

A study was conducted in Poland to examine the association between severals factors (e.g. age, BMI, mobile phone use, smoking, occupational and life stress) and male sperm DNA damage measures.

詳細情報

Sperm DNA damage was assessed by DNA fragmentation index and DNA stainability index (percentage of immature sperms).
Remark EMF-Portal: It is not clear which aspects (calling time, playing games or texting, usual location of the device while talking and carrying) should be investigated.

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ:

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 mobile phone use: 0 - 5 years
集団 2 mobile phone use: 6 - 10 years
集団 3 mobile phone use: 11 - 25 years

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 344
評価可能 286
統計学的分析方法: ( 調整: )

結論(著者による)

A significant association between mobile phone use for more than 10 years as well as obesity and the percentage of immature sperms was observed. Higher levels occupational stress and age increased the DNA fragmentation index.
The authors concluded that stress, age and lifestyle factors such as obesity and mobile phone use may affect sperm DNA damage.

研究助成

関連論文