[全思春期にわたる長期の連続的900MH電磁界ばく露を受けた60日齢Sprague Dawley雄ラットの海馬の形態学、生化学および錐体細胞数への有害な影響] med./bio.

Pernicious effects of long-term, continuous 900-MHz electromagnetic field throughout adolescence on hippocampus morphology, biochemistry and pyramidal neuron numbers in 60-day-old Sprague Dawley male rats.

掲載誌: J Chem Neuroanat 2016; 77: 169-175

この研究は、21日齢Sprague Dawley雄ラット(n=18)を対照群擬似ばく露群、電磁界EMF)群に無作為に割り付け、EMF群は思春期の全期間中、1日1時間のEMFばく露を受けた(JEIC注:ばく露の方法およびレベルは抄録に記述無し)。60日齢ラットの脳を摘出し、左半球生化学的に、右半球は立体解剖学的および病理組織学的に評価した。その結果、病理組織学には、EMF群で濃縮核を持つ神経細胞の数が増加していた;立体解剖学的には、他の2群に比べEMF群で錐体細胞の数が少なかった;生化学的には、EMF群でマロンジアルデヒドおよびグルタチオンレベルの上昇およびカタラーゼレベルの低下が見られた、と報告している。

ばく露

研究助成

関連論文