研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波電磁界の下での硫酸亜鉛によるラットの脂肪由来間葉系幹細胞の老化縮小はテロメラーゼ逆転写遺伝子発現の増加と関連している] med./bio.

Rat adipose-derived mesenchymal stem cells aging reduction by zinc sulfate under extremely low frequency electromagnetic field exposure is associated with increased telomerase reverse transcriptase gene expression.

掲載誌: Vet Res Forum 2017; 8 (2): 89-96

必須微量元素としての亜鉛は、細胞の成長および老化の制御に関与していると報告されている。この研究は、ラット脂肪由来間葉幹細胞を50 Hz、20 mTの超低周波(ELF)磁界ばく露し、硫酸亜鉛(ZnSO4)の存在下でのELF磁界ばく露(30分間/日、21日間)がテロメラーゼ転写(TERT)遺伝子発現および間葉幹細胞の老化に影響するかどうかを評価した。細胞をグループI(対照群:ZnSO4処理なし、ELF磁界ばく露なし);グループII(ZnSO4処理なし、ELF磁界ばく露あり);グループIII(ZnSO4処理あり、ELF磁界ばく露なし);グループIV(ZnSO4処理あり、ELF磁界ばく露あり)に分けた。異なる濃度のZnSO4の下で、細胞の生存力、TERT遺伝子発現および老化細胞のパーセンテージを、比色分析法、リアルタイムPCRおよび老化関連β-ガラクトシダーゼ活性アッセイでそれぞれ評価した。その結果、ELF磁界ばく露はTERT遺伝子発現の減少、および老化細胞のパーセンテージの増加を生じた。但し、ZnSO4はTERT遺伝子発現を有意に増加させ、ELF磁界ばく露した間葉幹細胞の老化を減少させることができた。著者らは、ZnSO4はTERT遺伝子発現誘導により、ELF磁界ばく露した間葉幹細胞の老化を遅らせるかも知れない、と結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 20 mT - 測定値 - -

Reference articles

  • Yan J et al. (2010): [ヒト間葉系幹細胞の成長及び分化に対する超低周波磁界の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文